NEC、無線LANルーター「Aterm」のフラッグシップモデル……最大450Mbps | RBB TODAY

NEC、無線LANルーター「Aterm」のフラッグシップモデル……最大450Mbps

IT・デジタル 周辺機器

「AtermWR9500N-HP」
  • 「AtermWR9500N-HP」
  • 「AtermWR9500N-HP」とイーサネットコンバーター
  • 「AtermWR8160N-ST」
  • 「AtermWR8160N-ST」とUSB子機「AtermWL300NU-GS」
 日本電気(NEC)は、無線LANルータシリーズ「Aterm」のフラッグシップモデル「AtermWR9500N-HP」と「AtermWR8160N-ST」を発表した。販売開始は10月下旬。価格はオープン。

■450Mbps対応無線LANルータとして国内最小「AtermWR9500N-HP」

 「AtermWR9500N-HP」は、他通信機器からの電波干渉が少ない5GHz帯も使用できるモデル。市場想定価格は15,000円前後、同製品とイーサネットコンバーターのセットが27,000円前後。

 IEEE802.11nでの通信はシリーズで初めて3ストリームに対応し、最大450Mbps(規格値)での高速通信を実現したとしている。また、450Mbps対応の無線LANルータでは、国内最小サイズ(2011年10月5日現在。NECアクセステクニカ調べ)となる。

 高性能アンテナを採用し、無線回路などの送受信機能を従来の製品より最適化。親機と子機が離れた状態でも、安定した速度で通信できるとうたう。有線LANはギガビット対応で、最大4台までの機器を接続可能。

 LANポートに接続中の機器が通信していない場合には、「省電力型イーサネット(EEE)」機能が作動して消費電力を節約。ほかにも、ECOボタンの操作で省エネ動作に切り替えるなどの省電力機能を備え、待機時の消費電力を最大70%までカットできるとしている。

 本体背面のUSBポートに外付けハードディスクなどを接続すると、ネットワーク上にあるPCから保存されたファイルを利用可能。DLNA対応により、同規格に対応するテレビなどでも、保存された写真や動画などを再生できる。「ホームIPロケーション」機能を利用すれば、外出先からでもブラウザを利用してファイルにアクセスすることもできる。本体サイズは幅35×高さ152×奥行き111mm。

■通信速度最大300Mps「AtermWR8160N-ST」

 「AtermWR8160N-ST」は通信速度が最大300Mbpsとなるエントリーモデル。市場想定価格は4,500円前後、同製品とUSB子機「AtermWL300NU-GS」のセットは7,500円。

 有線LANも100Mbpsまでの対応。本体サイズは幅35×高さ160×奥行き128mm。それ以外の主な仕様は「AtermWR9500N-HP」と同様。
《》

関連ニュース

特集

page top