ソニーとKDDI、au携帯を使うテザリング「アタッチWiFi」提供開始 | RBB TODAY

ソニーとKDDI、au携帯を使うテザリング「アタッチWiFi」提供開始

エンタープライズ モバイルBIZ

「アタッチWiFi」概念図
  • 「アタッチWiFi」概念図
  • Wi-Fi対応アクセサリー「NEX-fi/S」
  • 「アタッチWiFi」対応のau携帯電話
  • Wi-Fi対応アクセサリー「NEX-fi/S」製品仕様
  • 「アタッチWiFi」ロゴ
 ソニーマーケティングは28日、KDDIが提供するauの通信ネットワーク(3G)回線を利用したテザリングサービス「アタッチWiFi」を発表した。11月下旬から提供を開始する。

 テザリングサービス「アタッチWiFi」は、au携帯電話にWi-Fi対応アクセサリー「NEX-fi/S」を装着するだけでau携帯電話をWi-Fiルーターとして利用可能とし、月額1,575円(税込)でauのサービスエリア内であればどこからでもWi-Fi対応機器を最大7台までインターネットにつないでデータ通信を利用できるサービス。「NEX-fi/S」は、ソニーストア特別販売価格1円(税込)で提供される。

 データ通信速度は、月1GBまでの利用については下り最大9.2Mbps、1GBを超えた場合は128kbpsとなる(携帯電話機種により変動)。ただし、2012年2月までは、月1GBの利用を超えても速度制限はかからず、継続して下り最大9.2Mbpsの通信速度で利用可能。また「アタッチWiFi」利用には、サービス利用料金(月額1,575円)の他にau携帯電話のパケット通信料金が発生する。

 これにより、Wi-Fi対応のPC、タブレット端末、携帯ゲーム機、電子書籍端末、音楽プレイヤーなどを、au携帯電話を通じてインターネットに接続可能となる。同社では「1GBで楽しめるデータ通信の目安」として、「Web閲覧一日約130ページ(1ページ当たり250KBで計算)または楽曲ダウンロード月約250曲(1曲当たり4MBで計算)または写真アップロード一日約350枚(一枚当たり100KBで計算)など」としている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top