「北斗星」ラストランのハイレゾ音声、数量限定で無料配信 | RBB TODAY

「北斗星」ラストランのハイレゾ音声、数量限定で無料配信

ブロードバンド テクノロジー

北斗星
  • 北斗星
  • 北斗星
  • 向谷実氏と機関車DF200-7000
  • リニアPCMレコーダー(PCM-D100)
  • 向谷実氏
 ソニーマーケティングは27日、 寝台特急「北斗星」が最後に上野駅に発着する様子を、ハイレゾ音源で記念収録したことを発表した。あわせて「mora」にて、数量限定での無料配信を開始した。

 寝台特急「北斗星」は、3月13・14日をもって、27年間におよぶ上野-札幌間の定期運行を終了。収録ではハイレゾ音源に対応したソニーのリニアPCMレコーダー(PCM-D100)2台を上野駅ホームに設置。鳴り響く警笛やブロワー、ジョイント音、ラストランを見届けた約3,000人の地鳴りのような歓声など、サウンド風景が忠実に再現されているという。

 なお今回の収録は、熱狂的な鉄道ファンとしても知られる、音楽プロデューサー向谷氏監修のもとに行われた。向谷氏は、ハイレゾ音源での収録について、「これほど鉄道の音に向いているものはないなと思いました。左右だけではなく、上下、全体の奥行き感、リアルな迫力全てを感じ取ることができる。今まで聴いていた世界よりもずっと生々しく記録されるんです。“鉄道ファンで良かった”と感じる程の迫力で、 音というのは奥が深いなと改めて感じさせられましたね」とのコメントを寄せている。

 各音源は数量限定の10,000ダウンロード。ダウンロード数が10,000件になり次第、終了となる。北斗星ラストラン上野駅発着シーンは、2015年3月13日上野駅入線音、2015年3月13日上野駅出発音、2015年3月14日上野駅到着音、2015年3月14日上野駅車庫への回送出線音の4つのFLACファイルが公開中。

 また「北斗星」だけでなく、 機関車DF200-7000の音もハイレゾ音源化。通常立ち入ることができない機関室における音を収録した貴重な音源が同時公開されている。こちらは、アイドリング~加速~惰行~再加速音、減速~停止音、ハイアイドルモード切替え音の3つ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top