パナソニック、無線LAN接続可能のネットワークカメラ | RBB TODAY

パナソニック、無線LAN接続可能のネットワークカメラ

IT・デジタル その他

「DY-NC10」
  • 「DY-NC10」
  • 部屋の様子を別部屋や外出先から確認できるイメージ
 パナソニックは21日、撮影映像をネットワークにつながるPCやテレビで確認できるネットワークカメラ「DY-NC10」を発表した。販売開始は10月20日。価格はオープンで、予想実売価格は40,000円前後。

 「DY-NC10」は、有線LANのほか無線LANにも対応しており、無線LANルータを使い、LANケーブルで接続できないような場所に設置することが可能。カメラが映す様子をホームネットワークにつながるPCや同社製テレビ「VIERA(ビエラ)」、防水対応のポータブルテレビ「ビエラ・ワンセグ」などで確認できる。また、スマートフォンやモバイルPCなどで外出先などから部屋の様子を静止画で確認することも可能となっている。

 各種の設定はPCで行なえるが、同社製のポータブルメディアプレーヤー「SV-MV100」/ポータブルワンセグテレビ「ME970」/電子書籍リーダー「UT-PB1」からアプリ(10月にファームウェアアップデート予定)を使い、PCを使わずに設定することもできる。なお、カメラは防塵・防水・防滴仕様ではないため、屋外への設置には対応していない。

 さらに、動くものを自動的に検知する機能を備えており、同社製Blu-ray/DVD/HDDレコーダー「ディーガ」と無線LANで接続することで、動くものの映像を「ディーガ」に録画(動くものを検知してから30秒間の録画)が可能。あらかじめ「お知らせメール」機能を設定することで、動くものを検知した際の写真をメールで送信することもできる。

 おもな仕様として、カメラ部は130万画素の1/4型カラーCMOSセンサーを搭載し、カメラの向きを左右上下に移動できるパン・チルト機能を装備。有線LANは100BASE-TX/10BASE-TでLANポート数は1、無線LANは802.11b/g/n、記録形式は静止画がJPEG、動画がMJPEG(MotionJPEG)で、動画をSDカードやPC、HDDへ記録する際はAVI。対応OSはWindows 7/Vista/XP。なお、「ビエラ」や「ビエラ・ワンセグ」、スマートフォンなどの対応機種の詳細は同社サイト等で確認のこと。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top