富士フイルム、画面タッチで99パターンから最適撮影できるコンパクトデジカメ | RBB TODAY

富士フイルム、画面タッチで99パターンから最適撮影できるコンパクトデジカメ

IT・デジタル デジカメ

「FinePix Z950EXR」の5つのカラバリ(上段左からピンク/ピンクゴールド/レッド:下段左からブラック/ホワイト)
  • 「FinePix Z950EXR」の5つのカラバリ(上段左からピンク/ピンクゴールド/レッド:下段左からブラック/ホワイト)
  • 背面の3.5型タッチ液晶ディスプレイ
  • タッチ操作でのピント合わせ/シャッターのイメージ
  • 2本指での再生画像の拡大/縮小イメージ
  • 「2画面サクサク再生」
  • 99パターンから最適設定できる「プレミアムEXR AUTO」の仕組み
 富士フイルムは、コンパクトデジタルカメラ「FinePix」の新製品として、画面タッチにより99パターンから最適設定で撮影できる「FinePix Z950EXR」を発表した。販売開始は9月17日。価格はオープンで、予想実売価格は30,000円前後。

 「FinePix Z950EXR」は、タッチ液晶ディスプレイを搭載する「FinePix Z」シリーズ中、EXR CMOSセンサーを搭載したモデル。焦点距離が35mm判換算で広角28mmから140mmまでのフジノン光学式5倍ズームレンズを搭載し、超解像技術との組み合わせで10倍のデジタルズームにも対応する。

 ディスプレイは3.5型タッチパネル液晶で、画面に触れるタッチ操作でピント合わせやシャッターを切れる「タッチEXRオート」を搭載。撮影画像の再生時には、2本指でのピンチアウト/ピンチインで画像を拡大/縮小できるほか、カメラを縦位置にすることで画面を上下に分割し、それぞれに画像を表示する「2画面サクサク再生」に対応する。

 撮影時に夕焼け/青空/緑/ビーチ/スノーなどのシーンを認識し、撮影設定を最適化して撮影できる「プレミアムEXR AUTO」が進化。人物の有無や逆光、被写体が動いているか否かなどを認識シーンと組み合わせることで、設定方法が99パターンとなった。「プレミアムEXR AUTO」は画面へのタッチ操作に連動する。

 そのほかの特長として、360度のパノラマ写真が撮影できる「ぐるっとパノラマ360」機能を搭載し、ワイヤレスで撮影画像のやりとりが可能な「高速赤外線通信(IrSimple/IrSS)」に対応。解像度1,920×1,080ピクセルのフルHD動画撮影機能も備えた。

 本体カラーはピンク/ピンクゴールド/レッド/ホワイト/ブラックの5色をラインアップ。高級感のあるクロコ柄や牛毛のファー本革を使用したダルメシアン柄など、カメラ本体とのコーディネートが楽しめる4種類のソフトケースを別売アクセサリーとして用意する。

 撮像素子は有効画素数1,600万画素の1/2型原色フィルター採用のEXR CMOSセンサー、内蔵メモリは62MBでSD/SDHC/SDXCカードに対応、記録形式は静止画がJPEG、動画がMOV(H.264)、インターフェースはHDMI/USB2.0など、バッテリはリチウムイオン充電池。本体サイズは幅100.8×高さ59×奥行き18.2mm(最薄部15.2mm)、重さは約151g(バッテリ/メモリカード含む)。付属品は充電式バッテリ/バッテリチャージャー/プラグアダプタ/ストラップ/専用USBケーブルなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top