地デジ化の最終駆け込み需要で液晶テレビよりも人気の製品は? | RBB TODAY

地デジ化の最終駆け込み需要で液晶テレビよりも人気の製品は?

IT・デジタル テレビ

「『液晶テレビ』カテゴリのアクセス(PV)数の推移」(「価格.comトレンドサーチ」調べ)
  • 「『液晶テレビ』カテゴリのアクセス(PV)数の推移」(「価格.comトレンドサーチ」調べ)
  • 「『液晶テレビ(32型)』の最安価格の推移」(「価格.comトレンドサーチ」調べ)
  • 「『地デジチューナー』カテゴリのアクセス(PV)数の推移」(「価格.comトレンドサーチ」調べ)
  • 「『地デジチューナー』の最安価格の推移」(「価格.comトレンドサーチ」調べ)
 カカクコムは、同社が運営する購買支援サイト「価格.com」に蓄積されるアクセスデータや価格情報などをもとにした、液晶テレビ地デジチューナーに関する調査/分析レポートを報告した。

 「価格.com」の「液晶テレビ」カテゴリのアクセス(PV)数は、5~6月にかけて増加したもののその後は減少。7月24日(東北地方の一部地域を除く)の地デジ化に向けて駆け込み需要が期待されたが、盛り上がりのないまま終わりそうだ。一方で価格は、たとえば32型クラスの最安価格は5~6月にかけて下落していたものの、その後は一転して上昇。なかには高止まりしているモデルも見られる。

 この背景として考えられるのは、今後、地デジ化への需要は限られたものであるということ。2010年11月末に家電エコポイントが半減された折には、10年9~12月にかけてPVが増加し、週間PVが900万を超えた週もあったほど。総務省が発表した地デジの世帯普及率においても、10年9月調査時点の約90.3%から10年12月調査では約94.9%にまで増加し、エコポイント半減による大きな駆け込み需要から、ほとんどの家庭で地デジ化が済んでいるとうかがえる。

 また、限られた需要となる最終の駆け込み組は、価格が上昇したことから「ギリギリまで待って、安くなったら買おう」という思惑で、二の足を踏んでいることも予想される。

 期待外れに終わりそうな液晶テレビを横目に、大きな盛り上がりを見せているのは地デジチューナーである。「価格.com」の「地デジチューナー」カテゴリの週間PVは、5月に300~400万であったのが7月に入ると900万を突破。これに合わせて最安価格も上昇し、人気モデルは6月から7月にかけて約3倍に高騰しているものもある。地デジ化への最終の駆け込み時期では、「テレビの買い替え」よりも「地デジチューナーの取り付け」がトレンドとなっているようだ。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top