まつもとゆきひろ氏、セールスフォース傘下のHeroku社に入社……Rubyチーフアーキテクトに就任 | RBB TODAY

まつもとゆきひろ氏、セールスフォース傘下のHeroku社に入社……Rubyチーフアーキテクトに就任

エンタープライズ 企業

まつもと氏のチーフアーキテクト就任は、公式ブログにイメージ画像入りで掲載された
  • まつもと氏のチーフアーキテクト就任は、公式ブログにイメージ画像入りで掲載された
  • まつもと氏は島根県松江市の名誉市民でもある(松江市ホームページより)
 セールスフォース・ドットコムは13日、同社傘下の米Heroku社が、オープンソースプログラミング言語Rubyの開発者である「まつもとゆきひろ」(本名:松本行弘)氏を、Rubyのチーフアーキテクトに迎えたことを発表した。

 まつもと氏は、島根県松江市に本社を置くオープンソースSIerであるネットワーク応用通信研究所に、フェローとして在籍中。また、楽天技術研究所のフェローでもある。今後もこれらの要職を兼任しつつ、Heroku社に参与していくこととなる。まつもと氏は「Heroku社は、Ruby言語のさらなるオープン性と発展にコミットしています。世界中すべてのRuby開発者の皆様にとってこれまで以上に質が高く、より自然でより生産的なRubyの開発環境を実現したいと考えています」とのコメントを寄せている。なお氏は、Ruby開発における功績により、2009年に松江市名誉市民となっている。

 一方Heroku(ヘロク)社は、RubyのPaaS(Platform-as-a-Service)サービスを提供しており、今年1月にセールスフォースに買収された。Heroku社の公式ブログでは、今回のまつもと氏の入社を「Matz joins Heroku」(Matzはまつもと氏の愛称)として報じている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top