HOYA、デジタル一眼「PENTAX Q」用レンズ5種……魚眼タイプなど実売6千円から | RBB TODAY

HOYA、デジタル一眼「PENTAX Q」用レンズ5種……魚眼タイプなど実売6千円から

 HOYAは、ミラーレスデジタル一眼カメラ「PENTAX Q」用の交換レンズを5機種発表した。近日発売予定としている。価格はオープン。

IT・デジタル デジカメ
「PENTAX Q」用交換レンズ5機種
  • 「PENTAX Q」用交換レンズ5機種
  • 「PENTAX-01 STANDARD PRIME」
  • 「PENTAX-02 STANDARD ZOOM」
  • 「PENTAX-03 FISH-EYE」
  • 「PENTAX-04 TOY LENS WIDE」
  • 「PENTAX-05 TOY LENS TELEPHOTO」
 HOYAは、ミラーレスデジタル一眼カメラPENTAX Q」用の交換レンズを5機種発表した。近日発売予定としている。価格はオープン。

 「PENTAX Q」はミラーレスタイプとして「PENTAX(ペンタックス)」ブランド初のレンズ交換式デジタル一眼カメラ。レンズのイメージサークルを小型のイメージセンサーに特化し、マウント口径を約2/3に縮小した新開発の「Qマウント」を採用。カメラ本体とともに「Qマウント」交換レンズも新発売となる。

 今回はその第1弾として、「高性能レンズシリーズ」2機種と「ユニークレンズシリーズ」3機種の計5機種をラインアップする。

■「高性能レンズシリーズ」2機種

 「PENTAX-01 STANDARD PRIME」は、焦点距離が8.5mm(35mm判換算47mm相当)の標準単焦点レンズ。F1.9の明るさを確保し、最大径45.5mm×長さ23mm、重さ約37gの小型軽量ボディとした。単体での販売はなく、「PENTAX Q」本体とセットの「PENTAX Qレンズキット」が予想実売価格70,000円程度、さらに標準ズームレンズ「PENTAX-02 STANDARD ZOOM」付き「PENTAX Qダブルレンズキット」が90,000円程度となる。

 「高性能レンズシリーズ」のもう1つ「PENTAX-02 STANDARD ZOOM」は、焦点距離が5~15mm(35mm判換算27.5~83mm相当)の標準ズームレンズ。ズーム全域で最短30cmの近接撮影を可能とした。最大径48.5×長さ48mm、重さ約96g。予想実売価格は20,000円台半ばで、さらに「PENTAX Q」本体と標準単焦点レンズ「PENTAX-01 STANDARD PRIME」とのセット「PENTAX Qダブルレンズキット」が90,000円程度となる。

■「ユニークレンズシリーズ」3機種

 ピント合わせは手動で、F値固定、レンズシャッター非搭載、プラスチック製レンズマウントなど、小型軽量化を追求するとともに、画角の変化や、個性的な描写を手軽に楽しめるラインアップとなる。

 その内訳として、「PENTAX-03 FISH-EYE」は、イメージセンサーの対角線方向に160度のワイドな画角が得られる超広角レンズ。強い遠近感や被写体のデフォルメ、画面全体にピントの合ったパンフォーカスなど、魚眼効果手軽に楽しめる。焦点距離は3.2mm(35mm判換算17.5mm相当)、最大径40.6×長さ30.5mm、重さ約29g。予想実売価格は10,000円程度。

 「PENTAX-04 TOY LENS WIDE」と「PENTAX-05 TOY LENS TELEPHOTO」は、レンズの諸収差を意図的に残した光学設計とすることでトイカメラのような撮影効果が得られ、柔らかな味わいの描写を手軽に楽しめるレンズ。「PENTAX-04 TOY LENS WIDE」は、焦点距離6.3mm(35mm判換算35mm相当)の画角が得られる広角単焦点レンズで、最大径40.6×長さ25mm、重さ約21g。予想実売価格は6,000円程度。

 「PENTAX-05 TOY LENS TELEPHOTO」は、焦点距離18mm(35mm判換算100mm相当)の画角が得られる望遠単焦点レンズで、最大径40.6×長さ19.5mm、重さ約18g。予想実売価格は6,000円程度。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top