ペンタックス、最小クラスのミラーレス一眼デジカメ「PENTAX Q10」……100色から選べるサービスも | RBB TODAY

ペンタックス、最小クラスのミラーレス一眼デジカメ「PENTAX Q10」……100色から選べるサービスも

IT・デジタル デジカメ

「PENTAX Q10 ズームレンズキット」シルバー
  • 「PENTAX Q10 ズームレンズキット」シルバー
  • 「PENTAX Q10 ズームレンズキット」ブラック
  • 「PENTAX Q10 ズームレンズキット」レッド
  • 97色から選べるオーダーカラーの一例
 ペンタックスリコーイメージングは、レンズ交換式デジタル一眼カメラ「PENTAX Q」シリーズで新たに「PENTAX Q10」を発表した。価格はオープン。

 発売日/同社直販サイト価格として、ボディ単体「ボディキット」は10月中旬/34,800円、35mm判換算で27.5~83mm相当の標準ズームレンズ「PENTAX-02 STANDARD ZOOM」付き「ズームレンズキット」は10月中旬/49,800円、標準ズームレンズ「PENTAX02 STANDARD ZOOM」と35mm判換算で83~249mm相当の望遠ズームレンズ「PENTAX-06 TELEPHOTO ZOOM」付き「ダブルズームキット」は11月上旬/69,800円。

 同製品は、レンズ交換式デジカメで世界最小クラス(同社調べ、9月11日現在)のボディをうたうデジタル一眼カメラ。「Q」シリーズ第1弾の「PENTAX Q」(2011年8月発売)をベースに、新型の裏面照射型CMOSイメージセンサーを採用し、アルゴリズムを改良した。

 これにより、最高ISO感度6,400の高感度性能に加え、解像感と階調表現の描写に優れた有効約1,240万画素の高精細画像撮影に対応。暗所撮影や望遠撮影時のピント合わせ時間を高速化した。「HDR」機能を利用することで低ノイズかつ白とびや黒つぶれを抑えた画像撮影も可能。最大12人の顔を検出する顔検出AFも備えた。

 ボディ前面に「クイックダイヤル」を搭載し、9つの写真表現が楽しめる「スマートエフェクト」機能や「カスタムイメージ」、「デジタルフィルター」、アスペクト比などの設定を割り当てることが可能。また、撮影テクニックの背景ボケや前ボケをカメラ初級者でも手軽に設定できる「ボケコントロール」を装備する。

 撮像素子は有効約1,240万画素、裏面照射型の1/2.3型CMOSセンサー。フレームレート30コマ/秒で解像度1,920×1,080ピクセルのフルHD動画撮影を搭載。ファイル形式は静止画がRAW(DNG)/JPEG(Exif2.3準拠/DCF2.0準拠)、動画がMPEG-4 AVC、H.264。記録メディアはSD/SDHC/SDXCカード。

 ディスプレイは3型カラー液晶。ポップアップ式ストロボを内蔵。バッテリはリチウムイオン充電池。インターフェースはHDMI/USB2.0/AVなど。本体サイズは幅102×高さ58×奥行き33.5mm、重さは約200g(バッテリ/SDカード含む、本体のみ約180g)。

 本体カラーはレギュラー色としてシルバー/ブラック/レッドの3色を用意。ほかにカメラボディ20色とグリップ5色の組み合わせで97種類のカラーラインアップから選べるオーダーカラー受注サービスを利用できる。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top