東芝、W録対応や長時間テレビ視聴可能な大容量バッテリモデルなどの地デジPC | RBB TODAY

東芝、W録対応や長時間テレビ視聴可能な大容量バッテリモデルなどの地デジPC

 東芝は、PC「dynabook」の2011年夏モデルとして、地デジチューナー/Blu-rayディスクドライブなどを搭載したAV仕様のPCを7モデル発表した。価格はオープン。

IT・デジタル ノートPC
「T751/T8C」リュクスホワイト
  • 「T751/T8C」リュクスホワイト
  • 「T751/T8C」シャイニーレッド
  • 「T551/T6C」「T551/T5C」「T551/T4C」ベルベッティブラック
  • 「T551/T4C」ベルベッティホワイト
  • 「D711/T9C」「D711/T7C」「D711/T5C」リュクスホワイト
  • 「D711/T9C」「D711/T7C」「D711/T5C」プレシャスブラック
  • 「D711/T9C」「D711/T7C」「D711/T5C」シャイニーレッド
 東芝は、PC「dynabook」の2011年夏モデルとして、地デジチューナー/Blu-rayディスクドライブなどを搭載したAV仕様のPCを7モデル発表した。価格はオープン。

■15.6型液晶でダブルの3波地デジチューナー搭載ノート「T751シリーズ」の「T751/T8C」

 解像度1,366×768ピクセル/LEDバックライト付き/16:9の15.6型液晶ハイスペックAVノート。販売開始は6月上旬。予想実売価格は180,000円前後。

 業界初(同社調べ2011年5月16日現在)として、地上・BS・110度CSの3波チューナーを2基搭載。2番組同時録画(W録)に対応する。光学ドライブはBlu-rayディスク(DVDスーパーマルチ機能付き)で、harman/kardonステレオスピーカーを装備した。

 AV性能だけでなく省エネ性能も向上し、電力需要のピーク時間帯にAC電源駆動からバッテリ駆動へ自動で切り替える「東芝ピークシフトコントロール」を搭載。さらに、ディスプレイの明るさなど省電力設定が最適化された「ecoモード」へ切り替えられる「ecoボタン」や、エコへの貢献度のスコア表示やアドバイスなどが表示される「ecoレポートビューア」も備えた。

 おもな仕様として、Windows 7 Home Premium 64ビット版(SP1適用済み)/Core i5-2410M(2.3GHz)/4GBメモリ(最大8GB)/750GB HDDを搭載。802.11b/g/nの無線LANと100万画素webカメラ、Office Home and Business 2010を装備。インターフェースはHDMI/USB3.0/USB2.0×3/LANなど。本体カラーはリュクスホワイト/シャイニーレッド。本体サイズは幅387.6×高さ29.1~34.8×奥行き266.8mm、重さは約3kg。付属品はリモコン/ワイヤレスマウスなど。

■15.6型液晶で地デジチューナー搭載ノート「T551シリーズ」の「T551/T6C」「T551/T5C」「T551/T4C」

 解像度1,366×768ピクセル/LEDバックライト付き/16:9の15.6型液晶スタンダードAVノート。販売開始は6月上旬。仕様違いで3機種をラインアップし、予想実売価格は、「T551/T6C」が160,000円前後、「T551/T5C」が150,000円台半ば、「T551/T4C」が140,000円台半ば。

 シングルの地デジチューナーとBlu-rayディスク(DVDスーパーマルチ機能付き)、harman/kardonステレオスピーカーを搭載。「T551/T6C」は大容量バッテリを採用しており、連続駆動時間は約8時間、テレビ視聴の場合は約5時間の連続駆動を可能としている。また、「T551/T5C」はBluetooth3.0+HSを搭載した「Continua」規格に対応し、同規格に対応した体重計や血圧計などとワイヤレスで接続可能としている。

 「T551/T6C」はCore i3-2310M(2.1GHz)/約8時間連続駆動/幅380.5×高さ28~56.9×奥行き254mm/約3.3kg/Office Home and Business 2010。「T551/T5C」は次世代新Pentium/約1.7時間連続駆動/Bluetooth搭載/幅380.5×高さ28~35.6×奥行き254mm/約3kg/Office Personal 2010。「T551/T4C」は「T551/T5C」と同様Bluetooth非搭載。

 共通の特長・仕様として、「ecoボタン」と「ecoレポートビューア」に対応。Windows 7 Home Premium 64ビット版(SP1適用済み)/4GBメモリ(最大8GB)/750GB HDDを搭載。802.11b/g/nの無線LANと30万画素webカメラを装備。インターフェースはHDMI/USB3.0/USB2.0×3/LANなど。付属品はリモコン/ワイヤレスマウスなど。

 本体カラーはベルベッティブラックで、「T551/T4C」のみベルベッティホワイトも含めた2色展開となる。

■21.5型フルHDでダブルの3波地デジチューナー搭載液晶一体型「D711シリーズ」の「D711/T9C」「D711/T7C」「D711/T5C」

 LEDバックライト付き/16:9の21.5型液晶一体型AVデスクトップ。販売開始は5月20日。仕様違いで3機種をラインアップし、予想実売価格は、「D711/T9C」が200,000円台半ば、「D711/T7C」が180,000円前後、「D711/T5C」が140,000円台半ば。

 「D711/T9C」「D711/T7C」は地上・BS・110度CSの3波チューナーを2基搭載し、2番組同時録画(W録)に対応。光学ドライブはBlu-rayディスク(DVDスーパーマルチ機能付き)を採用し、「D711/T9C」はBDXL対応で映像専用プロセッサー「TOSHIBA Quad Core HD Processo」も備える。「D711/T5C」はシングルの地デジチューナーとなる。

 「D711/T9C」はCore i7-2630QM(2GHz)/2TB HDD/BDXL対応Blu-rayディスク(DVDスーパーマルチ機能付き)/3波地デジチューナー。「D711/T7C」はCore i5-2410M(2.3GHz)/1TB HDD/Blu-rayディスク(DVDスーパーマルチ機能付き)/3波地デジチューナー。「D711/T5C」は次世代新Pentium/1TB HDD/DVDスーパーマルチ(2層書き込み対応)/地デジチューナー。

 共通の特長・仕様として、ONKYO製ステレオスピーカーを装備し、「ecoボタン」と「ecoレポートビューア」に対応。Windows 7 Home Premium 64ビット版(SP1適用済み)/4GBメモリ(最大8GB)を搭載。802.11b/g/nの無線LANと130万画素webカメラを装備。インターフェースはHDMI/D4/USB3.0×2/USB2.0×4/LANなど。

 本体サイズは幅531×高さ405×奥行き190mm、重さは約8.5kg。付属品はリモコン/ワイヤレスマウス/ワイヤレスキーボードなど。本体カラーはリュクスホワイト/プレシャスブラック/シャイニーレッド。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top