グリップマウントを採用した“撮影しやすい”iPhone 4用カメラキット | RBB TODAY

グリップマウントを採用した“撮影しやすい”iPhone 4用カメラキット

IT・デジタル その他

「OWLE BUBO for iPhone 4」(型番:SP069)での撮影イメージ
  • 「OWLE BUBO for iPhone 4」(型番:SP069)での撮影イメージ
  • セット内容
  • グリップマウントのレンズ側
  • グリップマウントのiPhone 4装着側(iPhone 4は別売)
  • 三脚撮影のイメージ(三脚は別売)
 スペックコンピュータは7日、グリップマウントやレンズ、マイクなどiPhone 4用の撮影アクセサリーセット「OWLE BUBO for iPhone 4」(型番:SP069)を発売した。価格は19,950円。

 「OWLE BUBO for iPhone 4」は、iPhone 4を専用のシリコンケースに装着し、それをグリップマウントを取り付ける仕組み。グリップマウントはゲームコントローラーのような形状をしており、両手で持つと安定し、iPhone 4での撮影が容易になる。シリコンケースは単体でも保護カバーとして利用できる。

 グリップマウント上部にはアクセサリーシューを備え、さらに上下の端の計4つの三脚穴を装備。市販のストロボや三脚、ストラップなどカメラ用アクセサリーの装着に対応するとした。

 グリップマウントには計37mmネジを採用したレンズ取り付け部を備え、市販のワイドコンバージョンレンズや望遠レンズを取り付けることが可能。同セットではマクロレンズと0.45倍の広角レンズを付属し、接写やワイド撮影が楽しめる。さらに、専用外付けマイクも付属しており、動画撮影時などにクリアな集音を可能にするとしている。ほかにレンズ収納ポーチを付属する。

 グリップマウントの素材はアルミニウムで、本体サイズは幅122×高さ147×奥行き45mm(レンズ部の厚みも含む)。グリップ/レンズ/外付けマイク/シリコンケースの合計の重さは約514g。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top