【地震】放射能拡散予測、報道からの指摘でようやく公開へ | RBB TODAY

【地震】放射能拡散予測、報道からの指摘でようやく公開へ

ブロードバンド その他

拡散予測(ドイツ気象庁)
  • 拡散予測(ドイツ気象庁)
  • 拡散予測(ドイツ気象庁)
  • ドイツ気象庁のページ
 ドイツ気象局は、福島第一原子力発電所の放射能拡散予測をマップ付で公開している。

 日本の気象庁は、IAEAから拡散予測データの要請を受け提出していながら、それを公開していなかった。枝野幸男官房長官は4日に記者会見し、十分な説明をつけたうえで公開するとコメントした。報道機関からの指摘によって、はじめて対策を講じる結果となった。

 枝野長官は、気象庁が公開しなかった理由について次のように回答している。「いずれも1ベクレルという、つまり放射性物質がどの程度出ているかという実測、あるいは推定に基づくものではなく、ある一定量の放射性物質が出ていたとしたら気象に基づいてどういう拡散をするかというということの計算を気象庁がIAEAから求められて、それに応じて報告をしたというもの。なお、このIAEAに基づくシミュレーションは100km四方単位でどうなっていくかということのシュミレーションを行って報告をするというもので、国内の対策には参考にならない。まさにIAEAが国際的な影響についての参考にするための資料で、誤解を生むことを懸念し公開しなかった」。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top