主婦の3人に1人「ネットを通じて旧友に再会した」しかし13%は“ほろ苦い経験”……MMD研調べ | RBB TODAY

主婦の3人に1人「ネットを通じて旧友に再会した」しかし13%は“ほろ苦い経験”……MMD研調べ

ブロードバンド その他

オンラインサービス依存度
  • オンラインサービス依存度
  • ネット上で書いた日記に対するコメント
  • ネットを通じて友人や同級生と再会した経験
  • ネットを通じて友人や同級生と再会したことについて
 MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)は4日、メディアインクルーズ運営のモバイルメディア「ママイコ」と共同で実施した、「SNSなどのオンラインサービスに関する主婦の意識調査」の結果を公表した。

 調査期間は2月9日~27日(19日間)で、調査対象は10~40代以上の主婦。有効回答551件を得た。それによると「SNSなどのオンラインサービスに依存していると思うか」と聞いたところ、「かなりそう思う」と回答した主婦が14.4%、「少しそう思う」と回答した主婦が33.4%になった。合せて47.8%と、ほぼ半分の主婦が「SNSなどのオンラインサービスに依存していると思う」と回答したことになる。

 続いて、これらの「オンラインサービス上で書いた日記などにコメントがないと気になるか」と質問したところ、「かなり気になる」と回答した主婦が11.6%、「少し気になる」と回答した主婦が53.9%となり、過半数が日記にコメントがないと気になることも明らかとなった。

 また、SNSなどのオンラインサービスを通して「疎遠になっていた昔の友人や同級生と再会した経験」については、主婦の31.4%が「再会した経験がある」と回答した。また再開を果たした人たち173名に「昔の友人や同級生と再会できたことはあなたにとってプラスになりましたか?」と質問したところ、86.7%が「プラスになった」と回答している。残り13.3%にとってはほろ苦い体験となっているようだ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top