パナソニック、iPod/iPhoneの音楽を高音質で楽しめる薄型ミニコンポ「D-dock」 | RBB TODAY

パナソニック、iPod/iPhoneの音楽を高音質で楽しめる薄型ミニコンポ「D-dock」

IT・デジタル その他

「SC-HC55」のブラック/レッドの2色カラバリ
  • 「SC-HC55」のブラック/レッドの2色カラバリ
  • 「SC-HC35」のシルバー/ホワイト/ピンクの3色カラバリ
  • 「SC-HC05」のブラック/ホワイトの2色カラバリ
 パナソニックは1日、ミニコンポ「D-dock(ディー・ドック)」の新製品として、iPod/iPhoneの音楽を高音質フルデジタル伝送で楽しめる3製品を発表。価格はオープン。

 3製品のラインアップと発売日、予想実売価格は次のとおり。CD搭載でBluetooth/インターネットラジオ対応の「SC-HC55」は3月18日発売で、37,000円前後。CD搭載でBluetooth/インターネットラジオ非対応の「SC-HC35」は3月18日発売で、30,000円前後。CD非搭載でBluetooth/インターネットラジオ対応の「SC-HC05」は4月中旬発売で、25,000円前後。

 3製品は、iPod/iPhoneの音楽をデジタル信号のまま入出力する「フルデジタル伝送方式」採用のミニコンポ。アナログ×デジタル変換による音の劣化をなくし、クリアで歪みの少ない高音質で楽しめるという。

 スピーカーのコーン部に「新竹繊維振動板」を採用して剛性をアップすることにより、明瞭でキレのあるボーカルを再現。また、「Wパッシブラジエーター」により小型ながら豊かな低音再生とした。さらに、HC55とHC05は「ピュアダイレクトサウンド」とツイーターを搭載。高域までクリアなワイドサウンドを生み出すとうたう。

 スピーカー部には高精細メタルネットを採用。奥行きは、HC55/HC35が約69mm、HC05が約59mmで、薄型スタイリッシュデザインとした。iPod/iPhoneをダイレクトにドッキングして再生・選曲・充電できるほか、HC55/HC05はインターネットラジオ(iPhoneアプリ)の操作が可能。HC55はメタルネットに光沢仕上げを施し、さらに、手をかざして動かすだけでiPod/iPhoneとCD部の開閉が可能な「タッチフリーセンサードア」を搭載した。

 HC55/HC05はBluetoothを搭載しており、iPhoneやiPod touchからのワイヤレス音楽再生に対応。手元での操作で音楽やインターネットラジオが楽しめる。さらに、HC55はBluetooth接続の状態でハンズフリー通話が可能となっている。

 おもな仕様として、HC55は2WAY2スピーカーシステムで、コーン型ウーハー6.5cm×2/ピエゾ型ツイーター1.5cm×2/パッシブラジエーター8cm×4。HC35は1WAY1スピーカーシステムで、コーン型フルレンジ6.5cm×2/パッシブラジエーター8cm×4。両製品共通で、実用最大出力は20W×2、インピーダンスは6Ω、インターフェースは3.5mmステレオミニ/Dockコネクタなど。本体サイズは幅480×高さ194×奥行き84mm(スタンド除く本体の厚みは69mm)、重さは約2.4kg。

 HC05は2WAY2スピーカーシステムで、コーン型ウーハー6.5cm×2/ピエゾ型ツイーター1.5cm×2/パッシブラジエーター8cm×4。実用最大出力は20W×2、インピーダンスは6Ω、インターフェースは3.5mmステレオミニ/Dockコネクタなど。iPod/iPhone Dock部を閉じた状態で本体サイズは幅370×高さ176×奥行き85mm(スタンド除く本体の厚みは59mm)、重さは約1.8kg。

 本体カラーは、HC55がブラック/レッドの2色、HC35がシルバー/ホワイト/ピンクの3色、HC05がブラック/ホワイトの2色をそれぞれ用意する。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top