ソニー、液晶テレビ「ブラビア」のエントリーモデルを強化……22~32型 | RBB TODAY

ソニー、液晶テレビ「ブラビア」のエントリーモデルを強化……22~32型

IT・デジタル テレビ

「EX420シリーズ」
  • 「EX420シリーズ」
  • 「CX400シリーズ」(32型)
  • 「CX400シリーズ」(22型)
  • 「TrackID」の画面
 ソニーは20日、液晶テレビブラビア」のエントリーモデルとして「EX420シリーズ」「CX400シリーズ」を発表。2月13日から順次発売する。価格はオープン。

 両シリーズともに22~32型のラインナップで、小型/中型のエントリーモデルを強化。「EX420シリーズ」は、エッジ型のLEDバックライトで地上・BS・110度CS/地上アナログチューナーを搭載。「CX400シリーズ」は、CCFLバックライトで、地上・BS・110度CS/地上アナログチューナーを搭載する。

 「EX420シリーズ」のラインアップは、32型の「KDL-32EX420」(予想実売価格90,000円前後)、26型の「KDL-26EX420」(予想実売価格80,000円前後)、22型の「KDL-22EX420」(予想実売価格70,000円前後)。

 「CX400シリーズ」のラインアップは、32型の「KDL-32CX400」(80,000円前後)、22型の「KDL-22CX400」(60,000円前後)。なお、両シリーズを通じて「KDL-32CX400」のみ液晶解像度が1,920×1,080ピクセルのフルHDで、ほかのモデルはすべて1,366×768ピクセルとなっている。

 「EX420シリーズ」は、ブラック、ホワイト、ブラウン、ピンク(ピンクは22型のみ)の4色カラーバリエーションをそろえ、パーソナルユースも視野に入れた。イーゼル(画架)をイメージした新デザインのスタンドを採用し、本体の薄さを強調するとした。

 Web連動の「〈ブラビア〉ネットチャンネル」、Skype、音楽認識機能の「TrackID」などのアプリを採用し、ネットワーク機能を強化。USB外付けHDDでの録画に対応するほか、「人感センサー」を搭載して節電を支援する。リモコンにはFeliCaポートを搭載した。

 インターフェースは、32型がHDMI×4/USB×2、26型/22型がHDMI×2/USB×1。そのほかは共通で、D5/ミニD-sub15ピン/LAN(10BASE-T/100BASE-TX)/光デジタル音声など。スタンドを含む重さは32型が9.9kg、26型が7.2kg、22型が5.1kg。

 「CX400シリーズ」は、「〈ブラビア〉ネットチャンネル」、Skype、音楽認識機能の「TrackID」を採用し、手軽にネットワーク機能を楽しめる。USB外付けHDD録画に対応し、人感センサーを搭載。インターフェースは、32型がHDMI×4/USB×2、22型がHDMI×2/USB×1。そのほかは共通で、D5/ミニD-sub15ピン/LAN(10BASE-T/100BASE-TX)/光デジタル音声など。スタンドを含む重さは32型が11.4kg、22型が6.6kg。
《小口》

関連ニュース

特集

page top