ソニー、Android TV搭載「BRAVIA」の発売を7月4日に延期 | RBB TODAY

ソニー、Android TV搭載「BRAVIA」の発売を7月4日に延期

IT・デジタル テレビ

Android TVを搭載するBRAVIA「X9400C」などの発売を7月4日に延期
  • Android TVを搭載するBRAVIA「X9400C」などの発売を7月4日に延期
 ソニーは、OSにAndroid TVを搭載した液晶テレビ「BRAVIA」シリーズの発売を、当初の6月20日から7月4日に延期すると発表した。外部接続機器との接続互換性に一部問題があったとしている。

 発売が延期されたのは、Android TVを搭載した43型から75型までの9機種。4K液晶搭載の「X9400C/X9300Cシリーズ」、「X8500Cシリーズ」、2Kの「W870Cシリーズ」で、型番はKJ-75X9400C、KJ-65X9300C、KJ-55X9300C、KJ-65X8500C、KJ-55X8500C、KJ-49X8500C、KJ-43X8500C、KJ-50W870C、KJ-43W870Cとなる。

 これらは「BRAVIA」シリーズで初めてAndroid TVを搭載した製品群で、通常の赤外線リモコンに加え、Bluetooth接続のタッチパッドリモコンも用意。画面のアイコンを見ながら操作が行える。YouTubeやHulu、PlayStation Videoといった映像配信サービスを利用できる。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top