ヤフー、福島県白河市に環境対応型の大規模データセンター建設を決定 | RBB TODAY

ヤフー、福島県白河市に環境対応型の大規模データセンター建設を決定

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

新白河データセンター(仮称)完成予想図
  • 新白河データセンター(仮称)完成予想図
  • 新白河データセンター仕様
 ヤフーとYahoo!JAPANグループであるIDCフロンティアは8日、環境対応型のデータセンター「新白河データセンター(仮称)」を福島県白河市に建設することを発表した。世界トップレベルのエネルギー効率を実現するという。

 最先端の外気空調方式を取り入れた環境対応型のデータセンターで、敷地面積約25,000平方メートル、延床面積約8,200平方メートル(第1棟および管理棟含)。第一期分の建設規模は1棟(600ラック規模)で、2012年3月末の完成が目標。需要に応じてモジュールを追加し、敷地内に最大6棟の建設を検討している。これにより、Yahoo!JAPANおよびグループ各社のサービスを支えるだけでなく、成長著しい分野であるクラウドサービスの提供と、大型のコロケーション需要にも対応する。

 本データセンターは、国内で初めて商用データセンターに大規模な外気空調方式を取り入れた「アジアン・フロンティア」(北九州)で得られたノウハウを基に、温度、風速、気圧などのシミュレーションによってさらに進化した外気空調システムを採用。建物形状と空調設備を徹底的に見直し、データセンター内の空気の搬送抵抗の極小化と、空調設備の冷却電力を抑えた設計を実現。これにより、年間を通して90%以上の外気利用を可能とした。また国内の高品質で安定した電力供給能力を生かした無停電電源装置(UPS)を採用することにより、エネルギーロスを減らし、空調電力の削減効果と併せて世界トップレベルのPUE値1.2以下を実現できる設計となっている。

 今回の決定は、IDCフロンティアとのシナジー効果を最大限に活用して次世代のインターネット事業における戦略的基盤を構築し、インターネット事業およびデータセンター事業の持続的な成長と、IDCフロンティアが提供するパブリック型クラウドサービス「NOAH(ノア)」の本格展開により、競争力の強化を図っていくのが狙いとのこと。「新白河データセンター(仮称)」は、Yahoo!JAPANグループのデータセンターー構想の一翼を担うセンターとなる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top