AKB48じゃんけん大会で見事優勝、“新センター”内田眞由美はどんな子? | RBB TODAY

AKB48じゃんけん大会で見事優勝、“新センター”内田眞由美はどんな子?

エンタメ ブログ
 21日に東京・日本武道館で行われたAKB48「19thシングル選抜じゃんけん大会」で優勝した内田眞由美が、ブログでその喜びを語っている。

 「19thシングル選抜じゃんけん大会」は、AKB48のメジャー通算19枚目となるシングル(タイトル未定・12月8日発売)の選抜メンバー16名を、なんとじゃんけんで決めるというイベント。研究生も含めたメンバー51名が参加し、“総選挙”で1位となった大島優子らが敗退する中、内田眞由美が見事“センター”の位置を勝ち取った。

 内田は現在16歳。オフィシャルブログ「まゆみのまんま」で優勝の喜びを報告した。「今日のAKB48選抜ジャンケン大会にて優勝しました、内田眞由美です」との書き出しで始まるイベント直後の日記、「まだ気持ちの整理が出来なく、今は簡単な言葉でしか伝えられないのですが、本当に皆さんありがとうございました」と感謝の意を表したうえで、「AKB48選抜センターポジションの名に恥じぬよう、より一層、努力し自覚を持った行動をし、皆さんに認めて頂けるよう精一杯頑張りたいと思います」とセンターを務める決意を示している。

 この日記へのコメントは2,500を超えた。まだ選抜メンバーに入ったことのない内田だが、運を味方にAKB48の頂点へ上り詰めた。16歳の彼女にかかるプレッシャーは計り知れないものだろうが、その重責をしっかりと果たしてほしいものだ。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top