KDDI、沖縄初となる「トライブリッド基地局」の共同フィールドトライアルを実施 | RBB TODAY

KDDI、沖縄初となる「トライブリッド基地局」の共同フィールドトライアルを実施

ブロードバンド テクノロジー

無線機との一体架台
  • 無線機との一体架台
  • 耐候性樹脂架台
  • リチウムイオン電池
  • アモルファス太陽電池
  • トライブリッド方式の電力供給イメージ
  • トライブリッド方式の設備構成
 KDDIと沖縄セルラーは27日、太陽光発電と蓄電池の連携および深夜電力を活用する「トライブリッド方式」電力制御技術を、沖縄県のau携帯電話基地局に対して実験的に導入することを発表した。

 8月下旬より、日本本土では得られない台風等の気象環境や緯度経度による日照時間の違いを検証するのが狙い。また、新設する各地域のトライブリッド基地局においても、リチウムイオン電池やアモルファス太陽電池の活用に関する検証を開始する。

 KDDIはこれまで、トライブリッド基地局を、新潟県2局、栃木県1局、茨城県1局の4個所に設置し、フィールドトライアルを実施している。それぞれの基地局において、消費電力・CO2排出量で最大約30%、電力料金では最大約40%の削減を実現したという。

 今回、KDDIと沖縄セルラーは共同で、沖縄県で初となるトライブリッド基地局を新設すると同時に、太陽光パネルの架台部分の環境負荷低減およびコスト削減を目的とした、2種類の太陽光架台の検証を実施する。1つは、屋外型無線機の架台と一体化することにより、基礎工事や架台の部材の少量化を図る。もう1つは、再利用可能な耐候性樹脂を素材にした架台で、アンカー等による固定が必要なく、架台材料・架台重量の大幅な削減と、架台設置の工事期間の大幅な短縮が可能になる見込み。それぞれの架台において、台風等による強風雨の影響や耐性等を検証するともに、保守運用面での課題を抽出し、本格的な運用に向けた検証を進める。

 また、蓄電池の小型・軽量化や長寿命化、鉛金属削減による環境負荷の低減を図るため、三洋電機社製のリチウムイオン電池を用いた検証を、新設する埼玉県と愛媛県のトライブリッド基地局で実施する。また、高知県では、既存基地局設備の省電力化を図るため、アンテナ鋼管柱鉄塔に軽量、フレキシブルな三菱化学社製のアモルファス太陽電池を直接巻き付け、鉄塔への影響や、垂直敷設による発電効率の検証等を行う。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top