2009年の国内広域イーサネット市場、売上高2,899億円で前年比10.6%増と順調成長 ~IDC調べ | RBB TODAY

2009年の国内広域イーサネット市場、売上高2,899億円で前年比10.6%増と順調成長 ~IDC調べ

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

国内広域イーサネットサービス市場 エンドユーザー売上額予測、2006年~2014年(IDC Japan, 8/2010)
  • 国内広域イーサネットサービス市場 エンドユーザー売上額予測、2006年~2014年(IDC Japan, 8/2010)
 IDC Japanは19日、国内WANサービス市場について2009年の実績と2010年~2014年の予測を発表した。

 これによると、2009年の国内広域イーサネットサービス市場は、回線数ベースで27万4,529万回線(前年比8.1%増)、売上高ベースで約2,899億円(前年比10.6%増)と順調に成長した。一方、国内IP-VPNサービス市場の市場規模は、回線数ベースで79万2,027回線(前年比6.7%増)と堅調に推移したものの、売上高ベースでは約1,682億円(前年比0.4%増)と微増にとどまった。

 国内広域イーサネットサービス市場の成長の主な要因としては、専用線などのレガシー回線から広域イーサネットへのマイグレーションの継続や、データセンター利用の広がりなどが挙げられるとのこと。一方、IP-VPNサービス市場の伸び悩みの背景として、IP-VPNセグメント内で高価なギャランティー型IP- VPNから廉価なエントリー型IP-VPN、またはインターネットVPNへのマイグレーションが多くあり、その結果、2009年にギャランティー型の市場が拡大から縮小に転じたことが挙げられた。エントリー型IP-VPNおよびインターネットVPNについては、新規需要に加え、こうしたマイグレーション需要も取り込み、市場は引き続き順調に拡大している。

 今後の市場の成長についてIDCでは、広域イーサネットは2009年から2014年の5年間の年間平均成長率2.8%、2014年の市場規模3,329億円、IP-VPNは同マイナス2.6%、1,473億円と予測している。今回の発表はIDCが発行したレポート「国内広域イーサネットおよびIPベースVPN市場2009年の分析と2010年~2014年の予測」(J10060103)にその詳細が報告されている。同レポートではこの他、今後のクラウドサービス市場の拡大がWANサービス市場に与える影響についても分析されており、主な影響として、通信事業者やITベンダーが自社クラウドのユーザーにWANサービスを提供する場合、データセンター回線を無料で提供する動きが広がることや、ユーザー企業においてWAN回線の品質、信頼性に対する要求が高まることなどを予測している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top