住友林業とNEC、住宅業界向けクラウドサービス事業で協業 ~ 支援システム「JHOP」をSaaS型で提供 | RBB TODAY

住友林業とNEC、住宅業界向けクラウドサービス事業で協業 ~ 支援システム「JHOP」をSaaS型で提供

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「JHOP」の概要
  • 「JHOP」の概要
  • 「JHOP」サイト(2010年10月正式オープンの予定)
 住友林業と日本電気(NEC)は20日、住宅業界向けクラウドサービス事業において協業することを発表した。住宅関連事業者(工務店・建材納材店・専門工事業者・設計事務所・建材メーカー・建材商社など)向けにSaaS型クラウドサービス「JHOP(ジェイホップ、Japan Housing Open Platform)」の販売を開始する。

 「JHOP」は、施主および住宅関連事業者向けに家づくりを支援するITサービス。住宅建築の各プロセス(プラン作成/概算見積、設計、工事工程計画/積算、施工、アフター/リフォーム)において必要となる、簡易プラン作成CAD、プレゼン・意匠CAD、構造設計CAD、積算・実行予算システム、工事/資材発注システム、工程管理システム、物流システムなどを、NECのデータセンターに設置したクラウドサービス基盤からSaaS型で提供する。

 第一弾として本年10月から、物流システム・簡易プラン作成CADのSaaS型提供を開始。以降、バーチャル展示場・電子カタログ・プラン集などの家づくりに関する情報提供や、構造設計CAD・実行予算・販売管理・工事/資材発注・工程管理などの業務システムをSaaS型で提供する予定。また「JHOP」のパートナーとして、先行的にシーピーユー、日本ユニシス・エクセリューションズ、DTSの3社が参加を表明しており、今後もパートナーを増やし、サービスのラインナップを拡充していくとのこと。住友林業とNECは、住友林業が有する住宅事業に関わるビジネス/業務ノウハウ・販売チャンネルと、NECの住宅業界向けソリューション力やクラウドサービス関連の技術・実績を組み合わせ、新たなビジネスモデルを開発するとしており、「JHOP」を2014年度で10万棟に展開することを目指す。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top