W杯期間中のブログ話題、本田圭佑が圧倒~パラグアイ戦直後は駒野友一も急上昇 | RBB TODAY

W杯期間中のブログ話題、本田圭佑が圧倒~パラグアイ戦直後は駒野友一も急上昇

エンタメ 調査

W杯期間全体の話題度では2得点1アシストと活躍した本田圭佑選手がダントツのトップ
  • W杯期間全体の話題度では2得点1アシストと活躍した本田圭佑選手がダントツのトップ
  • やはり試合のあった日に話題が増えているのがわかる。とくにデンマーク戦でピークに達した
  • パラグアイ戦では駒野友一選手の話題が急上昇した
 ネットレイティングスがワールドカップ期間中(2010年6月11日~6月30日)の日本代表監督および選手23人についてのブログや掲示板上における話題の量を調査。本田圭佑選手がもっとも話題になっていたことなどがわかった。

 最も話題となっていた日本代表選手は、4試合中2得点1アシストの大活躍をした本田圭佑選手(24%)で、次いで岡田武史監督(10%)、3位にデンマーク戦で見事なフリーキックを決めた遠藤保仁選手(8%)の順となった。続いて松井大輔(7%)、川島永嗣選手(6%)、岡崎慎司選手(6%)、大久保嘉人選手(4%)と試合で活躍した選手が並んでいる。

 1試合の出場に留まったもののW杯前までは日本代表の司令塔として活躍が期待されていた中村俊輔選手も4%話題になっており、関心の高い選手だったことをうかがわせる。

 試合ごとに話題になった選手では、本田圭佑選手は常に代表の中で注目を集めていた。特に得点を決めたカメルーン戦、デンマーク戦では代表選手に対する全口コミの30%以上を占めている。決勝トーナメント初戦のパラグアイ戦では、シェア1位の本田圭佑選手に次いで、PKを外してしまった駒野友一選手への話題が増加した。ちなみにこの調査にはTwitterは含まれていない。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top