ビーチでヌードになる開放的な国ランキング……日本人のシャイな部分が浮き彫り? | RBB TODAY

ビーチでヌードになる開放的な国ランキング……日本人のシャイな部分が浮き彫り?

エンタメ 調査

Q:ビーチでヌード(あるいはトップレス)になったことはあるか?
  • Q:ビーチでヌード(あるいはトップレス)になったことはあるか?
  • Q:ここ1年でビーチ休暇を取る予定があるか?
  • Q:SNSでビーチの写真を共有するか?
 各地で梅雨も明け、いよいよ夏本番。海水浴で夏を満喫しようと計画している人も多いだろう。しかし諸外国の人々に比べると、まだまだ奥ゆかしくシャイな日本人。ヌーディストビーチなど、開放的な楽しみ方には抵抗が強いようだ。

 オンライン旅行サイトのエクスペディアが、世界24ヵ国、各国465名以上、計11,166名を対象にビーチに対する意識差を調査。「ビーチでヌードになったことがあるか?」との問いで「開放的な海の男・女」をランク付けしたところ、男性はドイツが1位、オーストリアが2位という結果に。女性はオーストリアが1位、ドイツが3位となった(2位はフランス)。ドイツは、「ヌーディズム先進国」とも呼ばれ、公認のヌーディストエリアも多数存在しているなど、総合的にみるとやはりヨーロッパが優勢となっている。逆に、あまりトップレスやヌードに免疫のないアジア勢は軒並み低いランクとなっている。

 また、ビーチ休暇の写真をSNSでシェアするかを尋ねたところ、開放的な海の男・女ランキングで上位だったドイツ・オーストリアはシェアする率が最も低いという結果に。そして日本がシェア率の低い第3位につけた。日本人はヌードはもちろん、水着姿をSNSでシェアすることも不適切だと考えていることもうかがえる。

 なお、日本人がSNSでシェアするのは風景写真がメインという結果に。日本人はビーチでヌードにもならず、ビーチ休暇の様子もシェアしないという、とてもシャイな部分が浮き彫りとなった。

 さらに、ここ1年でビーチ休暇を取る予定があるかを尋ねたところ、日本は最も予定が少ないことが明らかに。日本は有休支給日数が平均を上回るのに対し、取得率は6年間世界ワースト1位。さらに海外に比べ夏休みが短いのも有名だ。また日本国内では最近ビーチで、音声機器を使用した音楽の禁止やアルコールが禁止になる等規制が厳しくなってきて、海の楽しみが減り、各地で海水浴客が減少するという状況に陥っている。こうした状況もあり、日本人はビーチに出ることに消極的であるとの結果につながっているようだ。
《花》

関連ニュース

特集

page top