地デジテレビは9ヵ月連続で100万台超出荷——JEITA調べ | RBB TODAY

地デジテレビは9ヵ月連続で100万台超出荷——JEITA調べ

IT・デジタル その他

2010年2月地上デジタルテレビ放送受信機器国内出荷実績
  • 2010年2月地上デジタルテレビ放送受信機器国内出荷実績
  • 地上デジタルテレビ放送受信機器国内出荷実績推移(台数)
  • 2010年実績/2009年実績
 社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)は、「2010年2月地上デジタルテレビ放送受信機器国内出荷実績」を発表した。

 それによると、地上デジタル受信機全体での2月の出荷実績は203万3千台。JEITAでは、バンクーバー冬季五輪の時期と重なり順調に推移したと見ている。テレビは139万2千台で前年同月比173.3%。地上デジタルテレビは2月の段階で9ヵ月連続で100万台を突破した。

 そのほかおもな内訳を見ていくと、地デジチューナー内蔵のDVDレコーダーが8万1千台で前年同月比105.1%、Blu-rayディスクレコーダーが26万8千台で前年同月比184.1%。録画機器としてBlu-rayディスクレコーダーがシェアを伸ばしていることがうかがえる。

 チューナーは10万7千台で前年同月比1,021.4%と約10倍の伸び。各社から低価格チューナーが発売されている現状だけに、手軽な地デジ化で済ませている人も多いようだ。また、地上デジタルチューナー内蔵PCは6万9千台で前年同月比245.8%を記録するなど、テレビとPCをオールインワンで楽しみたいというユーザーも増えている。
《小口》

関連ニュース

特集

page top