日本HP、2万円台前半の小型シンクライアント「t5325」を発表 〜 B6以下で、手のひらサイズ | RBB TODAY

日本HP、2万円台前半の小型シンクライアント「t5325」を発表 〜 B6以下で、手のひらサイズ

 日本ヒューレット・パッカードは25日、手のひらサイズ(120mm×160mm)のコンパクトな筐体を採用し、簡易設定機能を搭載したシンクライアント端末「HP t5325 Thin Client」の販売を開始した。

エンタープライズ モバイルBIZ
「HP t5325 Thin Client」
  • 「HP t5325 Thin Client」
  • 「HP t5325 Thin Client」ディスプレイとのセット
  • モニター背面へ設置も可能
  • 各部名称
 日本ヒューレット・パッカードは25日、手のひらサイズ(120mm×160mm)のコンパクトな筐体を採用し、簡易設定機能を搭載したシンクライアント端末「HP t5325 Thin Client」の販売を開始した。

 「HP t5325 Thin Client」はMarvell ARM(1.2GHz)、512MBフラッシュメモリ、512MB DDR2メモリ、DVI-I端子(VGA変換アダプター付属)、HP ThinProを搭載。税込24,150円となっている。文庫本や官製ハガキより一回り大きいぐらいのコンパクトな筐体を採用した。ネットワークプロトコルとしてCitrix ICA 11とRDesktop1.6(RDP)に対応。Citrix XenDesktopとVMware Viewのインターフェイスを備えており、クライアント仮想化ソリューションの端末として活用できる。

 適切な設定をFTPサーバーから自動取得する「ゼロタッチコンフィグレーション」の搭載により、「t5325」は、DHCPサーバーとFTPサーバーを含むネットワーク環境であれば、LANケーブルを接続して電源を入れるだけですぐに使用可能。それ以外の環境でも、Citrix XenDesktop/VMware Viewに対応したHP独自の簡単設定ウィザードにより、初期設定の手間を大幅に削減できるようになっている。また、FTPサーバーを更新するだけで全端末の設定変更やソフトウェアのアップデートを自動的に行う「HP ezUpdate」、USBメモリを利用して各端末に設定情報やイメージを配布できる「HP ThinState」、各端末のアクセス権限を集中管理できる「HP Device Manager」など、用途に応じて選べる多彩な管理機能を搭載している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top