MS×日本HP×JBグループ、ITソリューションメニューの開発・提供で協業 | RBB TODAY

MS×日本HP×JBグループ、ITソリューションメニューの開発・提供で協業

 マイクロソフト、日本ヒューレット・パッカード、JBCCホールディングス(JBグループ)の3社は2日、ITソリューションメニューの開発・提供において協業することを発表した。

ブロードバンド その他
 マイクロソフト、日本ヒューレット・パッカード、JBCCホールディングス(JBグループ)の3社は2日、ITソリューションメニューの開発・提供において協業することを発表した。

 新しいソリューションメニューを、3社で協力して開発、JBグループが、日本HPとマイクロソフトの製品をプラットフォームとして採用し3月より販売する。さらに、共同でマーケティング活動を推進するというもの。

 まずコラボレーションプラットフォームとして「MicrosoftOffice SharePointServer 2007」「Microsoft ForefrontSecurity for SharePoint」と、JBグループのアドインワークフローパッケージ「PetitWorkflow Standard Edition」を組み合わせ、「Microsoft Exchange Server 2010」「Microsoft Forefront Security for Exchange Server」とも連動したソリューションメニューを開発し提供する。

 またマイクロソフトの仮想化基盤「Microsoft Windows Server2008 R2 Hyper-V」と統合管理ツール「Microsoft System Center」を活用し、日本HPのサーバプラットフォームである「HP BladeSystem」「HP ProLiantサーバ」、ストレージシステム「HP StorageWorks」を統合し、コスト削減を実現する仮想化ソリューションメニューを開発する。「Microsoft Windows7」「Microsoft Forefront Client Security」と、日本HPのPC製品ラインナップを活用することにより、大幅なコスト削減を実現するとのこと。仮想化ソリューションである「Microsoft Application Virtualization(App-V)」「Microsoft Enterprise Desktop Virtualization(MED-V)」を用いた業務生産性の向上と運用の効率化を実現するため、現地環境において検証を行うソリューションメニューも開発する。

 販売を担当するJBグループでは、今後1年間にソフトウェアのライセンスを10億円、ソリューションビジネスを7億円の計17億円の売り上げを目指すとともに、3年以内に計30億円規模の売り上げの達成を目指すとしている。また今後3社は、クラウドビジネスの分野においても協業し、ソリューションメニューを開発し提供する予定となっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top