スノーボードクロス欠場の藤森由香、「転倒覚えてない」とブログで告白 | RBB TODAY

スノーボードクロス欠場の藤森由香、「転倒覚えてない」とブログで告白

エンタメ その他

藤森由香オフィシャルブログ
  • 藤森由香オフィシャルブログ
  • 2月17日付け日記本文
 体調不良で棄権した女子スノーボードクロスの藤森由香選手だが、実は「脳に障害が残る危険性が高くなる」ほどの重傷であったことを自身のブログで書いている。

 17日(日本時間)に行われる予定だった女子スノーボードクロス。出場予定だった藤森由香選手は公開練習中にジャンプ台から跳んだときに風にあおられて転倒、入院するような事態になっていた。翌日退院し、競技にも出場するつもりで前日練習まで行ったのだが、やはり経過が思わしくなく、レースは欠場していた。

 2月17日エントリーの日記では、「ありがとうございました」と題し、欠場に至った経緯を書いている。それによれば「ドクターに診てもらったら目の焦点があっていなく、瞳がしっかりとまらないといわれ、これ以上転んだら脳に障害が残る危険性が高くなるといわれ、ドクターストップがかかりました」と、医師からの指示だったことを明らかにした。

 ブログでは転倒のことを「何一つ覚えていない」とも書いており、想像以上に大きな事故だったことをうかがわせている。最後に「そんななか沢山の温かいコメントを残していって下さって、私は元気をつけることができました。本当本当にありがとうございました。そして、ごめんなさい」と結んでいる。この日のために鍛錬を続けていたであろう彼女が一番悔しいはず。まずは怪我をきちんと治し、また4年後を目指してほしい。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top