東芝エルイー、内蔵メモリとメモリーカードによるWメモリ機能搭載のICレコーダー | RBB TODAY

東芝エルイー、内蔵メモリとメモリーカードによるWメモリ機能搭載のICレコーダー

IT・デジタル その他

本体
  • 本体
  • 操作ボタン
  • ディスプレイ
 東芝エルイートレーディングは15日、2GBの内蔵フラッシュメモリと最大32GBのmicroSD/microSDHCによるWメモリ機能を備えたICレコーダー「TY-VRS701」を発売した。価格はオープンで、予想実売価格は9,000円前後。

 同製品は、2GBのフラッシュメモリを内蔵するICレコーダー。録音時間は、ステレオ録音のHQ音質で約32時間、SP音質で約66時間、モノラルのLP音質で約267時間が目安となる。さらに、microSD/microSDHCメモリーカードスロットを搭載しており、microSDは2〜32GB、microSDHCは4〜32GBに対応。メモリーカードへの録音や、内蔵フラッシュメモリからのダビングも可能。MP3の録音/再生に対応しており、メモリーカードに収録したMP3音楽ファイルを再生する携帯ミュージックプレーヤーとしても利用できる(デジタルカメラ/携帯電話等の画像データの入ったメモリーカードは録音/再生が不可)。

 0.6倍速から2倍速まで10段階の再生に対応する「早聞き/遅聞き」機能、好きなところを繰り返し再生するリピート再生機能、内蔵ステレオマイクによる高音質のステレオ録音機能などを搭載。ストラップ取付け穴を装備。バッテリは単4型乾電池×2。乾電池の連続駆動時間は、LP音質で内蔵フラッシュメモリへの録音時が約16時間、内蔵スピーカーでの再生時が約17時間。本体サイズは、幅52×高さ94×奥行き14mm、重さは約67g(乾電池含む)。付属品はカナル型イヤホン/単4形乾電池×2/クリーニングクロスなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top