ソフトバンクBBとMS、スマートフォンとMicrosoft Online Servicesの連携展開を強化 | RBB TODAY

ソフトバンクBBとMS、スマートフォンとMicrosoft Online Servicesの連携展開を強化

エンタープライズ その他

「Microsoft Online Services」サイト(画像)
  • 「Microsoft Online Services」サイト(画像)
  • 「スマートフォン セキュリティ強化 ダブル キャンペーン」サイト(画像)
 マイクロソフトは10日、ソフトバンクBBと協力して、「Microsoft Online Services」とスマートフォンとの連携ソリューションの提案・販売活動を強化することを発表した。

 企業向けソフトウェアの機能をマイクロソフトがクラウド型で提供する「Microsoft Online Services」と、ソフトバンクBBが販売するWindows phone、iPhoneなどのスマートフォンとの連携ソリューションの提案・販売活動を強化する。

 Microsoft Officeのユーザーに対しては、電子メールや予定表にいつでもどこでもアクセス可能な環境を実現するMicrosoft Exchange Onlineとスマートフォンを組み合わせたソリューションを提案し、スマートフォンを利用しているまたは利用を検討しているユーザーに対しては、情報漏えいの危険性を最小限にするリモートワイプ機能を実装したMicrosoft Exchange Onlineの強固な情報セキュリティソリューションを提案していく。また、従来の携帯電話やフリーメールなどを利用している中堅・中小規模のユーザーに対して、初期投資や管理コストを抑えることができるMicrosoft Online Servicesを提案することで、グループウェアの活用も促進するのが狙いだ。

 具体的な販売強化施策の第一弾として、ソフトバンクBBは「スマートフォン セキュリティ強化ダブルキャンペーン」を2月10日から6月30日まで実施。マイクロソフトは、Microsoft Online Servicesとスマートフォンの連携利用シナリオを開発するとともに、このキャンペーンの告知を共同で行う。「スマートフォン セキュリティ強化ダブルキャンペーン」では、期間中スマートフォンに関するアンケートの入力に協力し、ソフトバンクBBからの電話連絡に同意した先着100社を対象に、オリジナルグッズをプレゼントする。さらに、25台以上のスマートフォンおよび25ユーザー以上のMicrosoft Exchange Onlineを契約した先着100社を対象に、Microsoft Exchange Onlineの利用ユーザー数から25ユーザー分について、3か月分の利用料をキャッシュバックする。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top