NEC、中堅・中小企業向けにサーバ仮想化ソリューションの販売を強化 | RBB TODAY

NEC、中堅・中小企業向けにサーバ仮想化ソリューションの販売を強化

エンタープライズ その他

仮想化セット エントリモデル スモールスタートセットの例
  • 仮想化セット エントリモデル スモールスタートセットの例
  • 仮想化セット ベーシックモデルの例
  • 仮想化システム 構成イメージ
 NECは3日、中堅・中小企業向けにサーバ仮想化ソリューションの販売拡大に向けた取り組み強化を発表した。販売店・パートナーも含めた技術サポート要員の増強、オールインワン製品の投入、および仮想化導入促進キャンペーンを実施する。

 技術サポ−ト力の強化に向けて、ヴイエムウェア社の認定技術者資格「VCP(VMware Certified Professional)」「Hyper-V」に関するマイクロソフト認定技術者(MCTS)を 現在の200名強から、今後1年間で国内最大級の600名に増員する。これにより、大企業に加え、中堅中小企業に対しても、サーバ仮想化に関するコンサルティングや導入支援、運用、保守サポートなどのサービスを提供する。販売店、パートナーとの連携においては、「Express5800仮想化プラットフォーム技術認定制度」を新設し、NEC製サーバを活用した仮想化システムの提案・構築に関する必要な知識を有する技術サポート要員の育成を行う。サーバ上で仮想化システムを構築・運用するためのノウハウを、実機を使った技術研修を通じて習得できる。この制度の新設により、2010年度中に300名以上の認定技術者育成を行う。

 製品面については、販売店、パートナーによる仮想化ソリューションの提案、構築を容易にするため、基本構築サービスをパッケージ化した「仮想化セット」を新たに製品化。ラックタイプのIAサーバ「Express5800シリーズ」とヴイエムウェア社またはマイクロソフト社の仮想化ソフトウェア、および基本構築サービスを一体化している。これは、最小構成のサーバ、ソフトウェア、および基本構築サービスを一体化したオールインワン製品であり、各種規模に応じて、エントリモデル、ベーシックモデル、アドバンスドモデルの3製品がラインナップされる。中堅・中小企業でも導入しやすいエントリモデルの販売価格は、280万円(税別)から、3日より出荷を開始する。

 さらに、NECのブレードサーバ「Express5800/SIGMABLADE」、ストレージ「iStorage」、および仮想化ソフトウェア「VMware vSphere 4」など仮想化関連製品を通常価格と比較して、約40%の低価格で購入できる仮想化導入促進キャンペーン「NEC de仮想化 キャンペーン」を3日より実施。本年3月17日受注分までの期間限定となる。
《池本淳》

特集

page top