日本電気、スペイン「Mobile World Congress 2010展示会」に、LTEコンセプトモデル端末を展示 | RBB TODAY

日本電気、スペイン「Mobile World Congress 2010展示会」に、LTEコンセプトモデル端末を展示

エンタープライズ モバイルBIZ

 NECは1日、「Mobile World Congress 2010展示会」において、LTE(Long Term Evolution)のコンセプトモデル端末の展示ならびにデモを行うことを発表した。

 「Mobile World Congress 2010展示会」は2月15日〜18日にスペイン・バルセロナにて開催。コンセプトモデル端末は、LTEに対応した通信プラットフォーム「LTE-PF」を搭載し、LTEの特長である高速通信を活用した高画質な動画転送などを可能としたものとなっている。NECブースでは静態展示を行い、NTTドコモブースでは動態展示を行う。動態展示では、高速動画ストリーミングによるハイビジョン映像の動画転送デモや、モバイルシンクライアントデモが予定されている。

 LTEは、W-CDMAの拡張技術HSDPA/HSUPAからさらに発展した、次世代高速無線通信の標準規格。データ通信速度は、下り100Mbps以上/上り50Mbps以上の高速通信を実現、遅延の改善や周波数の利用効率向上などが期待されている。NECは、2006年にNTTドコモによりLTEの商用端末ベンダーに選定されている。また2009年10月には、NTTドコモ、パナソニック モバイルコミュニケーションズ、富士通と共同で「LTE対応の通信プラットフォームを共同開発、対応チップセットのエンジニアリングサンプルの開発を完了」の発表を行っており、その後の性能評価、開発を経て、今回のコンセプトモデル端末展示に至ったとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top