NEC、IAサーバ「Express5800シリーズ」新製品を発売 〜 消費電力を最大52%削減 | RBB TODAY

NEC、IAサーバ「Express5800シリーズ」新製品を発売 〜 消費電力を最大52%削減

エンタープライズ モバイルBIZ

Express5800/R110b-1
  • Express5800/R110b-1
  • Express5800/T110b
  • 新製品の希望小売価格(税抜)および出荷開始日
 NECは26日、IAサーバ「Express5800シリーズ」において、最新CPU「インテルXeonプロセッサー3400番台」や高効率電源の搭載により、従来製品比で消費電力を最大52%削減したモデルの販売を開始した。

 新製品は、データセンター向け1Wayラックサーバ「Express5800/R110b-1」、およびオフィスや店舗など現場への設置に適した1Wayタワーサーバ「Express5800/T110b」の2モデル。主な特長は、省電力技術の採用による運用コストの削減、拡張性と可用性の確保、サーバ管理機能の強化による安定稼働のサポートの3つとなっている。

 まず、運用コストでは、AC(交流)/DC(直流)変換効率が80%以上であることを示す、80 PLUS認証を取得した高効率電源を採用することで、サーバ内の電力ロスを削減。さらに最新のCPU「インテルXeonプロセッサー3400番台」や、設置場所の温度、ハードウェア構成情報、負荷を総合的に判断して冷却ファンの風量を最適化する独自の動的ファン制御技術を採用している。これらにより、1Wayラックサーバ「同/R110b-1」では従来製品比で52%の省電力化を実現した。

 拡張性においては、あらたに低消費電力のSSD(Solid State Drive)や2.5型HDDにも対応(最大8台まで搭載可能)。3.5型HDDの場合、2TBのSATA HDDを最大4台まで搭載でき、合計8TBの大容量構成が可能。多彩な構成を組むことができることに加え、データ量の増加にあわせてディスク容量を拡大したり、SATA HDDをより高信頼なSAS HDDに変更するなど、必要に応じて柔軟にシステムを拡張することが可能。さらに電源および冷却ファンの冗長化(二重化)が可能となり、安定した運用を実現した。

 さらに、標準搭載のサーバ管理ツールを強化し、遠隔地から複数のサーバの修正モジュールを一括で適用可能な機能「ExpressUpdate」をNECの1wayサーバとして初めて搭載。サーバ管理者の負担を軽減するとともに、修正モジュールの適用漏れによる障害を防止した。

 「Express5800/R110b-1」(1Wayラックサーバ)の構成は、インテルXeonプロセッサーX3460(2.80GHz)またはX3430(2.40GHz)またはインテルPentiumプロセッサーG6950(2.80GHz)、1GBメモリ、ディスクレス。価格は179,000円(税抜)〜、2月1日より出荷開始。「Express5800/T110b」(1Wayタワーサーバ)の構成は、インテルXeonプロセッサーX3460(2.80GHz)またはX3430(2.40GHz)またはインテルPentiumプロセッサーG6950(2.80GHz)、1GBメモリ、ディスクレス。価格は128,000円(税抜)〜、1月26日より出荷開始。
《池本淳》

関連ニュース

特集

page top