「電波少年」復活! 有吉 VS Tプロデューサー因縁の闘いが再び | RBB TODAY

「電波少年」復活! 有吉 VS Tプロデューサー因縁の闘いが再び

エンタメ その他

電波少年2010
  • 電波少年2010
  • GyaO! 電波少年2010プロモーションサイト
 あの「電波少年」がオリジナル企画で復活。猿岩石として「ヒッチハイクの旅」に挑戦した有吉弘行が、日本テレビ×GyaO!のコラボレーションによる新企画「電波少年2010」に挑む。

 同企画は、第2日本テレビとGyaO!のコラボレーションとして、約2ヵ月に渡りWEBなどで展開される新しい形のクロスメディア企画。1990年代に放送された日本テレビの人気番組「進め!電波少年」で「猿岩石」としてユーラシア大陸をヒッチハイクで旅をした有吉弘行と、“Tプロデューサー”こと日本テレビ土屋敏男氏の2人が、因縁の闘いをリアルタイムで展開するというものだ。
 
 「人はツブヤキだけで生きていけるか?」がテーマの「電波少年2010」では、「チーム有吉」と「チームTプロデューサー」の2チームが、それぞれが手下に選んだ若手芸人を率いて勝負を繰り広げる。各チームのボスから若手芸人への連絡はTwitterのみ。ぐりんぴーす、ライフラインの若手芸人2組は、「軍資金ゼロ」「衣食住はTwitterでまかなう」といったルールに従って日本縦断の旅を行いながら、獲得したポイント数を争っていく。しかもこのルールは対決中随時変更されるとのこと。なお、各チームの様子はTwitterで実況中継され、全国縦断の模様もブログやWEB動画番組として配信される。
《大木信景》

関連ニュース

特集

page top