日本HP、エントリーワークステーション「HP Z400 Workstation」の新機種を発売 | RBB TODAY

日本HP、エントリーワークステーション「HP Z400 Workstation」の新機種を発売

エンタープライズ その他

HP Z400 Workstation外観
  • HP Z400 Workstation外観
  • HP Z400 Workstation前面と背面
 日本ヒューレット・パッカードは12日、ワークステーションのエントリーモデル「HP Z400 Workstation」に仕様変更を施し、パフォーマンスを向上させた新機種「HP Z400 Workstation後期型」を発表、販売を開始した。出荷は1月下旬より。

 「HP Z400 Workstation」は、シングルプロセッサー仕様のインテルXeon3500番台を搭載するワークステーションのエントリーモデル。今回の仕様変更で、従来4基だったメモリスロットを6基に増設し、最大メモリ搭載容量を16GBから24GBに変更された(4GBメモリモジュールを6枚搭載時)。最大メモリ搭載容量が増えたことで、三次元CAD設計/解析業務など大容量のメモリを必要とする業務においても、コストパフォーマンスの高いエントリーワークステーションZ400を使用することが可能とのこと。また、これまでオプション製品のカードを増設する必要のあったIEEE 1394aを1ポート、本体前面に標準装備とした。

 希望小売価格は、HP Z400 Workstation後期型(インテルXeon W3520/1GBメモリ/250GB SATA HDD/グラフィックスレス/オプティカルドライブおよびFDDなし/Windows 7 Professional正規32bit版)で167,475円〜(税込)。目的や予算に合わせてカスタマイズが可能なCTO(注文仕様生産)モデルとして、日本HPのオンラインストアHP Directplus、HP Directplusコールセンター、HP Directpartner、日本HP販売代理店にて取り扱うほか、BTO(固定仕様)モデルとして、日本HP販売代理店でも取り扱う。

 なお、新製品の発売を記念し、同日より3月31日までの期間限定で、「HP Z400/CT Workstation後期型電脳Oh!仕事戦隊ぜーっとキャンペーンモデル」が販売される。同モデルは最小構成通常価格167,475円の製品をキャンペーン価格99,750円で販売するほか、キャンペーンモデル限定で、空冷式から水冷式への変更を無料で提供する(通常価格5,250円)。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top