「原因はDNSの書き換え攻撃」 〜 続報・Twitter障害 | RBB TODAY

「原因はDNSの書き換え攻撃」 〜 続報・Twitter障害

エンタープライズ その他
Twitter公式ブログの該当記事(画像)
  • Twitter公式ブログの該当記事(画像)
  • リダイレクト先サイトで表示されていたとされる画像
 Twitterは、18日夕刻に発生したアクセス障害について原因などを公表した。

 19日付けブログで公表された内容によると、TwitterのDNSレコードに一時的な障害が発生し、APIとプラットホームアプリケーションは動作していたが、Twitter.comがしばらくの間、まったく異なるサイトにリダイレクトされていたという。このトラブルは、DNS設定がハイジャックされ、不正に書き変えられたためとのこと。米国時間の12月17日21:46〜23:00(日本時間の12月18日14:46〜16:00)にTwitter.comへのトラフィックの約80%が、他のWebサイトにリダイレクトされた。このため、今回の攻撃は、政治的な主張が目的であり、アカウントの不正入手などではないだろうと、Twitterでは見ているという(ただし、もしアカウントが何らかの形で影響を受けたと見られる場合は、accountsafeアットマークtwitter.comまで連絡してほしいとも呼びかけている)

 また今回のトラブルでDNSの設定を変更した際に不手際が発生し、12月19日(日本時間)の昼間から12月20日(同)の未明にかけて、twitter.jpドメインにも不具合が発生していたとのこと。日本語版ブログや日本語版ステータスブログ(status.twitter.jp)にアクセスできない状態になっていた。現在は復旧している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top