米Google、URL短縮サービス「goo.gl」を開始 | RBB TODAY

米Google、URL短縮サービス「goo.gl」を開始

 米Google(グーグル)は15日、URL短縮サービス「goo.gl」を開始した。同日公開された新ツールバーから利用可能。

ブロードバンド その他
Google URL Shortenerサイト(画像)
  • Google URL Shortenerサイト(画像)
  • 最新版ツールバーの設定には「共有」設定が追加されている
  • 非常に長いURLのサイトを表示させているときに、「共有」機能のボタンをクリックすると
  • 短縮されたURLに変換したうえで、URLが投稿される(Twitterへの投稿例)
 米Google(グーグル)は15日、URL短縮サービス「goo.gl」を開始した。同日公開された新ツールバーから利用可能。

 URL短縮サービスは、何十文字以上にもなる長いURLを、アルファベット数文字に短縮して利用できるようにするサービスで、「TinyURL」「Bit.ly」といったものがある。文字数が限られたスペースでURLを利用したい場合、元のURLを直接表示したくない場合などに有効だ。たとえばTwitterのように140文字の上限があるサービスなどで有効利用できるだろう。

 Googleの「goo.gl」(Google URL Shortener)は現在、同日公開された最新版の「Google Toolbar」およびFeedBurnerからのみ利用可能となっている。最新版のツールバーでは「共有」機能が追加されており、「Blogger」「Facebook」「Gmail」「Hatena」「Twitter」などで、URLを簡単に共有できる。ページを表示させた状態で、URLを共有したいサービスをツールバーから選択するだけで、URLを投稿できる。その際に、非常に長いURLだった場合に、自動的にgoo.glにより短縮されたURLに変換される。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top