お土産に最適な寿司型USBメモリのケータイストラップ | RBB TODAY

お土産に最適な寿司型USBメモリのケータイストラップ

 ソリッドアライアンスは8日、寿司型USBメモリを携帯ストラップ化した「SushiDiskなの?すとらっぷ」全6種類の予約受付を始め、15日から発売を開始する。価格はオープンで、直販価格は3,980円から。

IT・デジタル ノートPC
SushiDiskなの?すとらっぷ
  • SushiDiskなの?すとらっぷ
  • Sushi DiskとSushiDiskなの?すとらっぷの比較
  • SushiDiskなの?すとらっぷ 鉄火巻き
  • SushiDiskなの?すとらっぷ かっぱ巻き
  • SushiDiskなの?すとらっぷ かんぴょう巻き
  • SushiDiskなの?すとらっぷ サーモン巻き
  • SushiDiskなの?すとらっぷ うに
  • SushiDiskなの?すとらっぷ いくら
 ソリッドアライアンスは8日、寿司型USBメモリを携帯ストラップ化した「SushiDiskなの?すとらっぷ」全6種類の予約受付を始め、15日から発売を開始する。価格はオープンで、直販価格は3,980円から。

 同製品は、同社が2004年10月に発売した寿司型USBメモリ「Sushi Disk」を小型化した携帯ストラップ。ラインアップは「鉄火巻き」、「かっぱ巻き」、「かんぴょう巻き」、「サーモン巻き」、「うに」、「いくら」の全6種類。搭載メモリは全て2GBで、価格は鉄火巻き、かっぱ巻き、かんぴょう巻き、サーモン巻きが直販価格3,980円で、うに、いくらが直販価格4,380円となる。

 小型化したことにより、従来の製品を超える携帯性を実現。寿司部分は食品サンプル製造・販売をする佐藤サンプル社の協力を得て、リアルな造形になっている。また、パッケージは寿司の折り詰め風に仕上げており、購入後すぐにお土産として利用できる。

 対応OSはWindows 7/Vista/XP、Mac OS 9.0以降で、インターフェースはUSB2.0/1.1。本体サイズと重さは、鉄火巻き、かっぱ巻き、かんぴょう巻き、サーモン巻きが幅27×高さ16×奥行き35mmで約15g、うにが幅19×高さ32×奥行き52mm(きゅうり含む)で約19g、いくらが幅19×高さ29×奥行き50mm(きゅうり含む)で約19gとなる。
《》

関連ニュース

特集

page top