課長専用USBメモリ!? 部長、社長も近日発売か? | RBB TODAY

課長専用USBメモリ!? 部長、社長も近日発売か?

 すし型USBメモリーなどで知られるソリッドアライアンスは4日、ユニークUSBメモリーの新シリーズとして「THE 漢字USBメモリー」をスタート。第1弾の「課長USBメモリー」の発売を同日から開始した。予想実売価格は3,000円前後。

IT・デジタル ノートPC
「課長USBメモリー」
  • 「課長USBメモリー」
  • PCに挿すとこんな感じ
 すし型USBメモリーなどで知られるソリッドアライアンスは4日、ユニークUSBメモリーの新シリーズとして「THE 漢字USBメモリー」をスタート。第1弾の「課長USBメモリー」の発売を同日から開始した。予想実売価格は3,000円前後。

 今回のシリーズは、既に「佐藤」、「鈴木」、「高橋」、「山田」などを展開する「苗字シリーズ」から発展したもの。ただし、苗字ではハンコ同様に属性が限られてしまうために、今回の「THE 漢字USBシリーズ」では、より汎用性を持たせて一般的な役職名を採用したという。

 そこで気になるのが、「なぜ課長が第1弾なのか?」という点。早速、同社の担当者に問い合わせたところ「とくにIT系企業の方などと話すと顕著なんですが、最近、あんまり係長っていう役職が少ないんですよね。あくまでイメージですけど。なのでよりポピュラーだと思われる“課長”から始めることにしたんです」とのことである。

 同社のもくろみとしては、まずはこれからの忘年会シーズンでのプレゼントとして利用してほしいとのこと。ただし、そこにとどまらず「春先の異動シーズン、課長になった方にぜひ贈っていただきたい」(担当者)とも話してくれた。

 さらに、外国人のお土産需要を見込んでいる。同社の「みみいかUSBメモリー」は、かつてニューヨークの「MoMA Design Store」で販売された実績を持つ。また、成田をはじめとする国際空港の売店や秋葉原などでは、主力商品のすし型USBメモリー「SushiDisk」が定番のお土産として定着しているそうで、そこに寄席文字をかたどった今回の製品を投入することで、次なる定番商品を目指すという。よく「東京」などの寄席文字が大々的にプリントされたTシャツを着ている外国人を見かけるが、あのUSBメモリー版と思ってもらえばいいだろう。

 さて、「課長」が第1弾ということで、第2弾は「部長」なのか「専務」なのか、はたまた「社長」なのか……この疑問を担当者にぶつけてみたが「まだ企業秘密ですが、恐らく役職は上がっていく予定です」とのこと。もちろん係長や課長補佐が使用しても可。内蔵メモリは2GB。対応OSはWindows Vista/XP、Mac OS X10.2以降。本体サイズは幅28×高さ55×奥行き10.5mm、重さは14g。使用する時は「課」と「長」が分離されるため、くれぐれも「長」をなくさないように!
《小口》

関連ニュース

特集

page top