冷蔵庫を開けるたびに話しかけてくれるガジェット「Fridgeezoo24」新作2モデル | RBB TODAY

冷蔵庫を開けるたびに話しかけてくれるガジェット「Fridgeezoo24」新作2モデル

IT・デジタル その他

「Fridgeezoo24」新作「Polar Bear」(左)と「Penguin」
  • 「Fridgeezoo24」新作「Polar Bear」(左)と「Penguin」
 ソリッドアライアンスは25日、冷蔵庫保管型ガジェット「Fridgeezoo24」の新モデルとして「Polar Bear」と「Penguin」の2種類を発表した。発売は7月中旬以降、価格は2,400円(税別)。

 「Fridgeezoo24」は、冷蔵庫に入れるとドアを開けるたびに話しかけてくれるガジェット。時間帯に応じて喋る内容が変わる「24-twenty four-機能」を搭載し、朝昼晩や起床時、帰宅時に適したセリフを喋るようになっている。

 「Fridgeezoo24」には、「地球温暖化、森林破壊、食料不足のため住処をなくした動物たちが行き着いた場所。それは冷蔵庫だった。動物達は牛乳パックや牛乳瓶になりすまし、周囲に溶け込みながら、新たな生活を送る。やがて、世界各国の冷蔵庫に住みだした動物達は人間との生活を通し、言葉と時間を覚え、喋り始めたのだった」というバックストーリーが用意されている。

 音声は英語で、「Polar Bear」には俳優で英語講師のPhilip Cotsford、「Penguin」にはアーティストで女優のAnanda Jacobsの声が当てられている。音声種類は40種類で材質はABS。単4電池で駆動し、本体サイズは高さ78mm×幅51mm×奥行48mm、重量は65g。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top