日本HP、インテルAtom搭載シンクライアント「t5740」発表 〜 2画面同時出力も対応 | RBB TODAY

日本HP、インテルAtom搭載シンクライアント「t5740」発表 〜 2画面同時出力も対応

 日本ヒューレット・パッカードは30日、インテルAtom N280プロセッサーを搭載し、初期設定の簡略化機能を備えたシンクライアント端末「HP t5740 Thin Client」を発表した。12月3日より販売を開始する。

エンタープライズ ハードウェア
HP t5740 Thin Client
  • HP t5740 Thin Client
  • デュアルモニター標準サポート、インターネット端末としても利用可能
  • オプションのQuick Releaseを使用すれば、モニター背面取付や壁掛けなどにマウント可能
 日本ヒューレット・パッカードは30日、インテルAtom N280プロセッサーを搭載し、初期設定の簡略化機能を備えたシンクライアント端末「HP t5740 Thin Client」を発表した。12月3日より販売を開始する。

 「t5740」は、VMware View/Citrix XenDesktop/Webアプライアンスの設定がワンタッチで簡単に行える独自ソフトウェア「HP Easy Config Utility」を搭載し、導入時や管理に要する手間を削減したのが特徴。管理ツールとして、端末のシステム設定を集中管理できる「HP Device Manager」と「HP Client Automation」、USBメモリを利用したイメージ配布ツール「HP ThinState」などもバンドルし、ネットワーク環境の規模や用途に応じて使用することが可能。処理性能については、インテルAtom N280(1.66GHz)を搭載したことで、従来モデル(t5730)と比較して約1.3倍以上の向上を実現。映像出力端子として、VGA端子に加えて次世代規格のDisplayPortを備え、2画面同時出力を標準でサポート。さらに、オプションの拡張モジュールを追加することで、PCI Express×4スロットまたはPCIスロットを増設することも可能。 プリインストールOSにはWindows Vistaと親和性の高いWindows EmbeddedStandardを搭載した。HP t5740 Thin Clientの価格は48,300円(税込)

 また、新製品の発表にあわせて、仮想デスクトップ環境を構築する最新のソフトウェア「Citrix XenDesktop 4」をx86サーバHP ProLiantファミリー向けのソリューションとしてあらたに販売するほか、従来から販売しているVMware製品でも最新の「VMware View4.0」を販売開始する。「XenDesktop 4」はFlexCastデリバリテクロノジの搭載によって、業界で初めて、タスクワーカー、オフィスワーカー、モバイルワーカーなどすべてのデスクトップ配信モデルをサポートし、さらにそれらの組み合わせをいつでも変更できる統合ソリューション。「VMware View 4.0」は仮想化プラットフォームVMware vSphere上に構築され、新しいPCoIPプロトコルにより、デバイスタイプやネットワーク接続状況および場所を検出して動的に適合させることで、アクセスするユーザーごとの状況に応じ最適化されたデスクトップを提供できる。VMware View 4 Enterprise Starter Kit 10VMパックの価格が210,000円〜、Citrix XenDesktop 4 Enterprise Edition 20 NUライセンスの価格が537,600円〜。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top