発売日は12月18日、リコーのレンズ交換式デジカメ「GXR」 | RBB TODAY

発売日は12月18日、リコーのレンズ交換式デジカメ「GXR」

IT・デジタル デジカメ

レンズ一体型カメラユニットをスライドさせてボディに装着
  • レンズ一体型カメラユニットをスライドさせてボディに装着
  • レンズ一体型カメラユニットをスライドさせてボディに装着
  • ボディ正面
  • レンズ一体型カメラユニット「RICOH LENS S10」装着時
  • GR LENS A12装着時
  • 背面(液晶部)
  • ボディ/カメラユニット/オプション
 リコーは27日、レンズ一体型カメラユニット交換式デジタルカメラ「GXR」の発売日が12月18日に決まったと発表した。また、発売前日12月17日までの期間に店頭先行展示を開始。ユニット交換式カメラシステムを体感できる。

 11月10日の製品発表時には発売時期を「12月上旬」としていた。価格はオープンで予想実売価格は、ボディ単体が50,000円前後。レンズ一体型カメラユニットは、「GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO」が75,000円前後、「RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC」が40,000円前後。

 従来からのデジタル一眼レフカメラや、マイクロフォーサーズ規格のデジタル一眼カメラの場合、カメラユニットを内蔵した本体にレンズを着脱するレンズ交換式デジタルカメラとなる。一方で同製品は、レンズに一体化したカメラユニットとボディで構成。レンズ交換の際にカメラユニットごとボディと着脱するのが大きな特徴で、レンズ一体型カメラユニット交換式となる。

 また、レンズ交換式の場合はレンズとカメラユニットを着脱できるようにするマウントを装備。これと同様に同製品も、レンズ一体型カメラユニットとボディの着脱部にマウントを備えているが、独自のスライドイン・マウント方式を採用。レンズ一体型カメラユニットを、ボディの側面からスライドさせて着脱する仕組みとなっている。そのため、レンズとカメラユニット、ボディをセットして撮影できるした状態で小型・軽量化。フラッシュ内蔵レンズ交換式デジタルカメラ(レンズ装着時)としては、世界最小・最軽量(2009年11月10日の製品発表現在、同社調べ)だという。

 同製品では、レンズ一体型カメラユニットとしてGR LENS A12とRICOH LENS S10 の2モデルを用意しているが、GR LENS A12装着時のサイズは幅113.9×高さ70.2×奥行き77.1mm、重さが約423g。RICOH LENS S10装着時は幅113.9×高さ70.2×奥行き44.4mm、重さが約325g(重さはそれぞれ、バッテリ、メモリーカード、ネックストラップ、端子キャップ、レンズキャップを除く)となる。

 そのほかにレンズ一体型カメラユニットのおもな特徴として、GR LENS A12ユニットは、約1,230万画素CMOSセンサーを採用。画像処理エンジン「GR ENGINE III」との組み合わせにより、高精細でノイズの少ない撮影を可能にしたという。一方のRICOH LENS S10は、1/1.7型CCD(約1,000万画素)を搭載。こちらの画像処理エンジンは「Smooth Imaging Engine IV」を採用した。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top