米シスコ、WebセキュリティプロバイダのScanSafe社を買収 | RBB TODAY

米シスコ、WebセキュリティプロバイダのScanSafe社を買収

エンタープライズ その他

米Ciscoサイト(画像)
  • 米Ciscoサイト(画像)
  • ScanSafeサイト(画像)
 米Cisco(シスコ)は28日、セキュリティ企業のScanSafe社(スキャンセイフ)を買収する意向であることを発表した。

 ScanSafe社は、グローバル企業から小規模企業までを対象にSoftware-as-a-Service(SaaS)型Webセキュリティ ソリューションを提供する企業。買収契約の条件に基づき、シスコは約1億8,300万ドルを現金で支払い、残留する従業員に対してはインセンティブが提供されるとのこと。買収は、標準的な完了条件に基づき、シスコの2010年会計年度第2四半期中に完了する予定だ。

 ScanSafe社の買収は、大手オンプレミス型(自社運用型)コンテンツ セキュリティ プロバイダIronPort社買収の成功を受けたもので、今回の買収によって、高性能Webセキュリティ アプライアンスの「Cisco IronPort」と、ScanSafe社のSaaS型Webセキュリティ サービスが統合される。この2つを統合することで、シスコのセキュリティ ポートフォリオが拡充され、オンプレミス型、ホスト型、ハイブリッドホスト型のWebセキュリティ ソリューションの提供が可能となる。ScanSafe社のサービスは、シスコが提供する最新のバーチャル プライベート ネットワーク(VPN)製品である「Cisco AnyConnect VPN Client」に統合され、業界トップクラスのセキュリティ モビリティ ソリューションとして提供される予定とのこと。また、ScanSafe社が誇るキャリアグレード データセンターの世界的ネットワークとマルチテナント アーキテクチャは、シスコが新しいクラウドセキュリティ サービスを提供するにあたって、大きな役割を果たす見込みだ。

 シスコ セキュリティ テクノロジー ビジネス ユニット(STBU)担当バイスプレジデント兼ジェネラル マネージャであるトム・ギリス氏は「ScanSafe社の買収によって、シスコは、ネットワークとクラウドベース サービスを統合し、高度なセキュリティ エンフォースメントを実現するボーダレス ネットワーク セキュリティ アーキテクチャの開発構想の実現に取り組みます。これにより、お客様の組織に最適な導入モデルを選択できる柔軟性を提供するとともに、Webの脅威をいつでも、どこでも防ぐことのできる機能を提供できるようになります」とのコメントを寄せている。買収が完了した時点で、ScanSafe社の人材は、ギリスが率いるシスコのSTBUに統合される。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top