バッファローコクヨ、「“超”低ノイズ」をうたうiPod用FMトランスミッタ2機種 | RBB TODAY

バッファローコクヨ、「“超”低ノイズ」をうたうiPod用FMトランスミッタ2機種

IT・デジタル その他

BSFM04シリーズ(ブラック)
  • BSFM04シリーズ(ブラック)
  • BSFM04シリーズ(シルバー)
  • BSFM04シリーズ(ホワイト)
  • BSFM05シリーズ(ブラック)
  • BSFM05シリーズ(シルバー)
  • BSFM05シリーズ(ホワイト)
  • BSFM05シリーズ(ブルー)
  • BSFM05シリーズ(ピンク)
 バッファローコクヨサプライは26日、クリアな音質を追求し“超”低ノイズをうたうiPod用FMトランスミッタ「BSFM04」シリーズ、「BSFM05」シリーズを発表。11月上旬から発売する。直販価格はBSFM04シリーズが7,770円、BSFM05シリーズが5,166円。

 BSFM04シリーズがフレキシブルアーム型、BSFM05シリーズがケーブル型となる。BSFM04シリーズはiPod本体の転倒を防止する固定フックが付属し、振動が多い運転状況下でも衝撃を受けにくい構造となっているほか、柔軟にアームを曲げてiPodをベストポジションに配置することが可能だ。

 そのほかの仕様は同じ。超低ノイズのトランスミッタ用LSI(Thine Electronics社製 THG4649)を搭載することで、S/N比約70dBを実現。一般的なトランスミッターのノイズレベルである約4.3mVを約1.2mVまで軽減したという。加えてオートスキャン機能搭載により、自動的に最適な周波数の検出・設定が可能となっている。

 接続先のシガーソケット経由でiPod再生中でも充電が行なえ、長時間の運転でもバッテリ残量を気にする必要がない。また、エンジン開始に合わせて電源オン、ストップに合わせて電源オフといったエンジン連動機能を装備し、停止の際の電力消費を抑えることができる。一部部品を除いて内部基盤から組み立てまで日本生産を行なっているのも特長の一つだという。

 本体カラーはBSFM04シリーズがブラック/シルバー/ホワイト。BSFM05シリーズがブラック/シルバー/ホワイト/ブルー/ピンク/カーボン。ケーブル部分を除いた本体サイズはBSFM04シリーズが幅43×高さ82×奥行き26mm、重さは約131g。BSFM05シリーズが幅43×高さ35×奥行き9mm、重さは約47g。
《小口》

関連ニュース

特集

page top