富士通SSL、OSSベースのDB「Postgres Plus Advanced Server」の取り扱いを開始 | RBB TODAY

富士通SSL、OSSベースのDB「Postgres Plus Advanced Server」の取り扱いを開始

エンタープライズ その他

価格表
  • 価格表
 富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は22日、オープンソースソフトウェア(OSS)をベースとしたデータベース製品「Postgres Plus Advanced Server」の取り扱いを開始した。これにあわせ、同製品を用いた商用データベースからの移行サービスの提供も開始した。

 昨年の世界同時不況以来、企業のIT投資が抑制傾向にあるなかで、データベースのライセンス費や運用費のコスト削減対策として、OSSを活用したデータベース移行へのニーズが高まっている。「Postgres Plus Advanced Server」のベースとなる「PostgreSQL」は、商用製品と同等の機能や安定性、信頼性があり、日本国内だけでなく世界的にも高いシェアを誇るオープンソースデータベースだ。「Postgres Plus Advanced Server」は、「PostgreSQL」にデータベース開発者やシステム運用者を支援する各種ツールを加えた他、パフォーマンス自動最適化機能(DynaTune)やデータベース高速化機能(Infinite Cache)などを備えており、OSSの「PostgreSQL」と比較し、簡単に高速なデータベースシステムの構築が可能だという。また、商用データベースであるOracleDatabaseとの互換性を有し、移行支援ツールが付属されているとのこと。そのため、コストをかけずに短期間で「Postgres Plus Advanced Server」へのデータベース移行を実現する。Oracle用に書かれたほとんどのアプリケーションを、スムーズに移行させることも可能だ。また、「Postgres Plus」はソフトウェアの利用に保守サポートサービスを加えた年間契約のため、毎年一定の料金で利用でき、一般の商用データベースに比べ大幅にコストを削減できる。Oracle Databaseと操作性互換のあるツールを提供するため、システム開発者の知識習得も最小限で済む。

 富士通ソーシアルサイエンスラボラトリでは、「Postgres Plus Advanced Server」の取り扱い開始にあたり、EnterpriseDB社のマスターディストリビューターであるサイオステクノロジーとパートナー契約を締結。今後、保守サポートをはじめデータベース移行サービスについて、サイオステクノロジー社、開発元のEnterpriseDB社と連携することで、顧客のデータベース移行および移行後の運用を強力にバックアップし、安心安全なデータベース環境の運用を支援するという。既存の商用データベースのリプレースやバージョンアップを検討している顧客に向けて、データベース移行サービスとあわせ「Postgres Plus Advanced Server」の提供により、今後2年間で150件の販売を見込んでいる。

 Postgres Plus Advanced Serverサポートサービスの価格は年額で750,000円(税別)。その他オプションサービスメニューとして、データベース移行検討が430,000円、プロトタイプ検証が1,000,000円、データベース移行が2,150,000円、データベースサーバスタートアップが1サーバあたり288,000円(すべて税別)となっている。
《池本淳》

関連ニュース

特集

page top