東芝、ネットノートの新CMを22日からオンエア!山ピー、タキシードでキメて…… | RBB TODAY

東芝、ネットノートの新CMを22日からオンエア!山ピー、タキシードでキメて……

IT・デジタル ノートPC

「ネットノート誕生」篇
  • 「ネットノート誕生」篇
  • 「ネットノート誕生」篇
  • 「新スタンダード」篇
  • 「新スタンダード」篇
  • dynabook MXシリーズ
  • dynabook TXシリーズ
 東芝は21日、俳優の山下智久さんを起用した同社ノートPC「dynabook」シリーズの新CMを発表。発売日に合わせ、22日からオンエアを開始する。

 2007年4月以降、dynabookのCMに起用され続けている山下さんはイメージキャラクターとしてすっかり定着。今回オンエアされるのは2009年冬モデルの新製品で、薄型・軽量化を実現したネットノート「dynabook MX」と、ハイスペックなスタンダードノート「dynabook TX」の2シリーズ。それぞれに「ネットノート誕生」篇、「新スタンダード」篇のキャッチタイトルがつけられている。また、「ネットノート誕生」篇にはWindows 7 Home Premiumの文字を挿入したマイクロソフトバージョン、「新スタンダード」篇にはCore 2 Duoの文字を挿入したインテルバージョンも用意した。

 CMのストーリーは連続モノ。まず「ネットノート誕生」篇では、“dynabook MXの発表プレゼンター”という役どころで山下さんが登場。レッドカーペットの階段を降りてカメラに向かい、胸元から薄型のdynabook MXを取り出し、「ネットノート、誕生。ひらけ。新サイズ。」の文字が重なるというものだ。

 「新スタンダード」篇は、発表を終えた山下さんがホテルの自室に戻るシーンから始まる。タキシードを脱ぎ捨てさっそうとソファを飛び越え、テーブルに用意されたdynabook TXの前に着地。その後、dynabook TXに標準搭載されたBlu-rayドライブでBlu-ray映像に見入るという流れ。棒付きキャンディをなめながら鑑賞する姿が印象的だ。

 ファンにはタキシード姿で決めた山下さんの姿も見逃せないだろう。撮影の際には、監督とのコミュニケーションも順調で、監督がOKと思ったテイクでも妥協せず、「もう少し行けそうな気がします」といったやり取りも。山下さんは、「セットが格好よく、赤と黒がベースのセットはPCにすごくマッチしている」と撮影の感想を語った。

 2シリーズに共通するテーマは「ひらけ。」。同社ではdynabook MXでネットブックを超えた「ネットノート」という新たなカテゴリを、dynabook TXで32ビット/64ビット版OSが選べるセレクタブルOSやBlu-rayドライブといった高性能なスタンダードノートを訴求していきたいという。
《小口》

関連ニュース

特集

page top