“e政府”を考える「電子経済産業省アイディアボックス」がオープン | RBB TODAY

“e政府”を考える「電子経済産業省アイディアボックス」がオープン

エンタープライズ その他

「電子経済産業省アイディアボックス」サイト(画像)
  • 「電子経済産業省アイディアボックス」サイト(画像)
  • アイディアボックス利用の手引きイメージ
 経済産業省は14日、電子政府の取組に関して、情報交換・意見交換ができるサイト「電子経済産業省アイディアボックス」を試験的に開設した。

 「アイディアボックス」は、電子政府の取組について、「ITによる新しい行政サービス」「よりよいホームページのあり方」「行政情報のオープン化」などのテーマで、国民から意見を募集するもの。(1)設定された各テーマに関連する内容を投稿する、(2)投稿された内容について、コメントできる、(3)投稿されている考え方について賛成・反対の投票を行う、の3とおりの形で参加可能となっている。これらの参加に対し、「アイディアボックス」では、重複する類似投稿を表示する機能、投票結果のリアルタイム集計、賛成者の多い投稿を上位に表示するランキングなどの意見集約機能が用意されている。

 現在、「電子手続きの満足度・利用率の向上」「よりよいホームページのあり方」「行政情報のオープン化」「Web2.0の活用」「電子政府構築を通じたITベンチャー企業や独創技術の育成方法」「その他、ITによる新しい行政サービスについての自由アイディア」に関するアイデアが募集中だ。なお今回の取組は、インターネットを通じた国民からの意見募集システムの可能性の実験を目的として行われるものとのこと。試験期間は11月14日までで、期間終了後は、サイトは閉鎖される。

 ちなみに、「アイディアボックス」は、セールスフォース・ドットコムの「Salesforce CRM Ideas」をカスタマイズしたものとなっている。「Salesforce CRM Ideas」は米国オバマ大統領の政権移行チームが、公式サイト「CHANGE.GOV」で米国民の政策に関するアイデアを吸い上げるために導入したことでも話題となっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top