女性の9割が「職場でピアス禁止されていない」〜男性はどう? | RBB TODAY

女性の9割が「職場でピアス禁止されていない」〜男性はどう?

 アクセサリーショップでも多数並べられている「ピアス」。以前は「体に穴をあけるなんて」と抵抗感をもつ人も多かったが、最近はどうなのだろうか。アイシェアが20代から40代のネットユーザーの男女に、ピアスに関する意識調査を実施した。

エンタメ その他
調査結果
  • 調査結果
 アクセサリーショップでも多数並べられている「ピアス」。以前は「体に穴をあけるなんて」と抵抗感をもつ人も多かったが、最近はどうなのだろうか。アイシェアが20代から40代のネットユーザーの男女に、ピアスに関する意識調査を実施した。

 ピアス用の穴を開けたことが「ある」のは、回答者全体の21.7%。男性では5.2%と少ないものの、女性だけでみると42.9%にのぼり、特に30代女性では50.0%と経験者が多かった。穴を開けた場所を複数回答形式で聞いたところ、「耳たぶ」が100.0%で全員という結果に。その他にも「耳の軟骨」が7.1%、「へそ」が1.8%など、耳たぶ以外にも穴を開けた経験者が数名いた。

 次にピアス用の穴を開けたことがある人に、最初に開けた年齢を聞いてみた。最も早い人は「13歳〜15歳(中学生)」で5.4%、「16歳〜18歳(高校生)」は21.4%、高校卒業直後の時期の「19歳」は26.8%で、合わせると53.6%が「20歳未満」で開けている。20代では「20代未満」が6割に達し、若い年代ほど高比率に。初ピアスの年齢に若年化の傾向がみられた。

 では、そのピアス用の穴は今も開いているのだろうか。今でも穴が「ある」としたのは78.6%。男性では40.0%が、女性では18.6%が現在は「ない」とした。なお、在職中の400名(全体の77.5%)に、会社や職場でのピアス使用について聞くと、「禁止されている」のは18.0%。8割以上の会社では特に規制はないようだ。ただし、男性では「禁止されている」が24.1%と高めの比率。一方、女性では8.4%と低いことから、女性の方が多くの職場で認められている様子がうかがえる。

 今度はピアス用の穴を開けたことがない、もしくは現在開いていないという428名に、今後ピアス用の穴を開けてみたいか尋ねた。「とても開けてみたい(1.2%)」「機会があれば開けてみたい(12.6%)」を合わせた「開けてみたい」人は13.8%。

 しかし、女性では26.5%が「開けてみたい」と答えている。特に20代女性では33.3%と高く、若い年代ほどその割合が高くなる傾向が見られた。今後も若い女性を中心にピアス人気は続きそうだ。
《織本幸介》

関連ニュース

特集

page top