ソニー、CMOSセンサー「Exmor」を搭載するデジタル一眼レフカメラ「α」シリーズの新モデル | RBB TODAY

ソニー、CMOSセンサー「Exmor」を搭載するデジタル一眼レフカメラ「α」シリーズの新モデル

IT・デジタル デジカメ

本体正面
  • 本体正面
  • 本体背面
  • 本体上部
  • 右側面
  • 左側面
 ソニーは29日、デジタル一眼レフカメラ「α550」を発表。10月22日から発売する。価格はオープンで、予想実売価格はボディのみの「DSLR-A550」が95,000円前後、ズームレンズキットの「DSLR-A550L」が100,000円前後、高倍率ズームレンズキットの「DSLR-A550H」が140,000円前後。

 同製品は、2009年6月に発売された「α380」の上位モデルにあたり、有効画素数約1,420万画素CMOSセンサー「Exmor(エクスモア)」や画像処理エンジン「BIONZ(ビオンズ)」を搭載。ノイズの低減に加えISO12800まで選択できるので、より暗い環境下でも手持ちでの撮影が可能になるという。さらに、明暗差が大きい光景などのハイライトからシャドー部までを、人間の目で見た印象に近づけて再現するデジタル画像処理機能「オートHDR(ハイダイナミックレンジ)」を搭載する。

 連続撮影モードでは、ファインダー撮影時がHi設定で最高約5コマ/秒、Lo設定時で最高約3コマ/秒、ライブビュー撮影時がHi設定で最高約4コマ/秒、Lo選択時で最高約3コマ/秒の連写が可能。新搭載の速度優先連続撮影モードなら、ファインダー/ライブビューともに最高約7コマ/秒の高速連続撮影ができる。

 従来モデルからのクイックAFライブビューを搭載し、位相差AFによる撮影が可能。9つのフォーカスエリア内にある主要被写体の顔を自動で選択してピント合わせを行い、最大8人の顔を検出。同社コンパクトデジタルカメラ「サイバーショット」シリーズの「スマイルシャッター」機能を搭載するので、笑顔の瞬間に自動で撮影してくれる。また、新たに撮像素子からの映像をディスプレイに映し出す「マニュアルフォーカスチェックライブビュー」を搭載。拡大ボタンを押すことで7倍/14倍に拡大表示でき、マクロ撮影時などにより正確なピント合わせが行える。

 そのほか、光の反射や映り込みを抑える「ARコート(反射防止処理)」を施した3型TFT液晶ディスプレイ、シャッタースピードで約2.5段〜4段相当のイメージセンサーシフト方式手ブレ補正機能、静電気の帯電を防止する特殊な「アンチダストコーティング」や手ブレ補正機能メカニズムを利用してセンサーを振動させる「アンチダスト駆動」を備えたアンチダスト機能を搭載する。

 おもな仕様は以下のとおり。

●α550
・撮像素子:有効画素数約1,420万画素CMOSセンサー「Exmor」
・ファイル保存形式:JPEG/RAW
・ISO感度:200〜12800
・手ブレ補正:イメージセンサーシフト式
・測距点数:中央クロス9点
・ファインダー視野率:95%
・ファインダー倍率:約0.8倍
・最高シャッター速度:1/4000秒
・外部記録メディア:メモリースティックPROデュオ/PRO-HGデュオ、SD/SDHCカード
・液晶ディスプレイ:3型エクストラファイン液晶
・バッテリ:リチャージャブルバッテリ(型番:NP-FM500H)
・撮影可能枚数:ファインダー使用時で約950枚、ライブビュー時で約480枚
・インターフェース:HDMI/USB2.0
・本体サイズ:幅137×高さ104×奥行き84mm
・重さ:約599g
・付属品:USBケーブル/ショルダーストラップ/アイピースカバー/アイピースカップ/ボディキャップ/リチャージャブルバッテリパック/バッテリチャージャー/電源コードなど
《》

関連ニュース

特集

page top