ペンタックス、デジタル一眼レフのエントリーモデル「PENTAX K-x」 | RBB TODAY

ペンタックス、デジタル一眼レフのエントリーモデル「PENTAX K-x」

IT・デジタル デジカメ

PENTAX K - xレンズキット
  • PENTAX K - xレンズキット
  • ダブルズームの望遠レンズ「smc PENTAX-DA L 55-300mmF4-5.8 ED」
 HOYAは17日、ペンタックス・ブランドとしてデジタル一眼レフカメラのエントリーモデル「PENTAX K-x」を発表。10月中旬から発売する。価格はオープンで、予想実売価格は「PENTAX K - xレンズキット」が69,800円、「PENTAX K - xダブルズームキット」が89,800円。ボディのみの発売はない。

 同製品は、2008年10月に発売された「PENTAX K-m」をベースに開発。総画素数約1,290万画素CMOSセンサーを採用し、有効画素数は約1,240万画素となっている。高速・高性能画像エンジン「PRIMEII(PENTAX Real Image EngineII)」を搭載したことで、処理スピードが向上。階調豊かな色再現を可能にしたとうたう。

 フィルム一眼レフカメラ時代からの各種ペンタックス交換レンズを適用可能。エントリークラスではトップレベルとなる、最高約4.7コマ/秒の高速連写を実現している。最高速度1/6,000秒のシャッターユニットは10万回のテストをクリアした。また、独自の手ブレ補正機能「SR(Shake Reduction)」の採用により、望遠レンズ使用時や暗所など手ブレを起こしやすい状況でもシャープな画像を撮影できる。

 動画撮影は1,280×720ピクセル(フレームレートは24コマ/秒)のハイビジョン撮影に対応。一眼レフならではの浅い被写体深度や、レンズ交換による表現の違いを動画撮影に適用できるという。さらに、コンパクトカメラ感覚で液晶ディスプレイに表示される画像を確認しながら撮影可能な「ライブビュー機能」を新搭載した。

 画像処理の「デジタルフィルター機能」を搭載。全16種類の画像効果から選択でき、一度処理を行なった画像を続けて加工する重ねがけもできるという。また、幻想的で独特な色合いに変化した画像が得られる「クロスプロセスモード」を新採用した。

 カラーはホワイト/レッド/ブラックの3色。標準の「PENTAX K - xレンズキット」の仕様は以下のとおり。どちらのレンズも本体とセットで、レンズのみの販売はない。
 
 なお、同製品は全100色から選択可能なカラーオーダーキャンペーン「PENTAX K-x 100colors,100styles.」に対応している。

●PENTAX K - xレンズキット
・撮像素子:総画素数約1,290万画素CMOSセンサー
・有効画素数:約1,240万画素
・マウント:ペンタックスKAF
・レンズ構成:8群11枚
・開放F値:F3.5〜F5.6
・焦点距離:18〜55mm
・ファイル保存形式:JPEG/RAW(静止画、同時記録可能)、Motion JPEG(AVI、動画)
・外部記録メディア:SD/SDHCカード
・液晶ディスプレイ:2.7型
・バッテリ:単3形乾電池×4
・インターフェース:USB2.0/ビデオ
・本体サイズ:幅122.5×高さ91.5×奥行き67.5mm
・重さ:約515g(本体のみ)
・付属品:USBケーブル/ストラップ/アイカップ/ホットシューカバー/ボディマウントカバーなど

●PENTAX K - xダブルズームキット(望遠レンズ仕様のみ)
・マウント:ペンタックスKAF
・レンズ構成:8群12枚
・開放F値:F4〜F5.8
・焦点距離:55〜300mm
・重さ:約425g
《小口》

関連ニュース

特集

page top