NTTグループ、SaaS事業者向けサービス基盤を用いた事業展開を発表 〜 NTT ComとNTTデータがワンストップで提供 | RBB TODAY

NTTグループ、SaaS事業者向けサービス基盤を用いた事業展開を発表 〜 NTT ComとNTTデータがワンストップで提供

エンタープライズ その他

NTT ComとNTTデータの事業展開
  • NTT ComとNTTデータの事業展開
  • SaaS基盤共通機能群
 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)、NTTデータ、日本電信電話(NTT)は29日、「SaaS基盤共通機能群」を用いた事業展開を推進していくことを発表した。

 3社は、次世代ネットワーク(NGN)などを活用してSaaSビジネスを支援する「SaaS over NGN」の取り組みの一環として、SaaS事業者向けサービス基盤の共同開発を進めていた。とくにNTT ComとNTTデータは、SaaS事業者や企業顧客(エンドユーザー)のニーズに応えるサービス基盤をNTTグループとして提供するため、2008年9月より、NTT Comの「BizCITY for SaaS Provider」の機能群と、NTTデータの「VANADIS SaaS Platform」の機能群を相互利用できるようにする機能の開発を行っていた。今回、「SaaS基盤共通機能群」を共同開発、ワンストップで提供できるようになったとのこと。

 共同開発された「SaaS基盤共通機能群」は、認証基盤機能(多要素認証機能、シングルサインオン機能、ID管理機能)、SaaSポータル機能、料金回収代行機能、マルチペイメント/クレジット決済機能、ネットワークゲートウェイ、Webシステム構築基盤などでなるもの。今後NTT ComとNTTデータは「SaaS基盤共通機能群」を活用して、それぞれにSaaS事業者および企業顧客(エンドユーザー)にサービスを提供していく。SaaS事業者は、SaaS基盤共通機能群のなかから必要な機能を柔軟に組み合わせることで、自社開発するよりもSaaSビジネスを安価で早期に立ち上げ、投資リスクを抑えることが可能となる。また企業顧客(エンドユーザー)は、NTT ComとNTTデータが展開するさまざまなSaaSラインナップから必要なサービスを選択し、利用することが可能となる。

 NTT Comは、今回開発した「SaaS基盤共通機能群」を用いて、主にSaaS基盤事業(PaaS事業)、他事業者SaaS基盤との相互接続といった事業を推進、NTTデータも、SaaS事業、PaaS事業、SaaS基盤構築事業を推進していく。
《冨岡晶》

特集

page top